SD-ALTIS
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
前回の報告は、内面補修すれば数回使用できる程度に

救出できたR1100タンクカバーの型補修レポート。


今回は文字ばっかりの記事なのですまんね。

言いたい事が沢山あってさ。




この型を使っていろいろと欲張りプランを欲していましたが

10月一杯は呪われているワタクシ?ですので

作業にマージンを取りたいと思います。


この際、R1100専用タンクカバーの制作案は断念して

「GS1200SS対応スプリンターキット」

これ一本で行こうと思います。。。



幸い、ガラスマット積層内部での剥離は見受けられましたが

型用ゲルコート表面上のダメージは少ないので

まずはこの補修型からひとつ、R1100形状のタンクカバーを製作し

それを基に、SS対応に形状変更する方向に軌道修正する事に。



まず、型内面の面だし調整を行って

変形防止&作業安定の為のリブプレートを型に取り付けて

前回の轍を踏まぬよう、ワックスも念入りに処置して

カーボン用耐熱クリアーゲルコートを塗布。

このゲル、メーカーからの試供品扱いで試す事に。

「ゲルコートなんざ管理は一緒だべ」と楽観。


もちろん、失敗に向けて一歩前進でしたね・・・。

最近、制作相性の悪いカーボン製品だし・・・。




で、ほどなく通常の積層作業して乾燥させた後に型割の儀式。


前回の型制作失敗から三日後の出来事です。






んん?固いね・・・。

軽く叩いても重そうな金属音的な響き・・・。

(型と製品が分離してれば空洞が出来てるから音が籠るのね)



アイヤー、嫌な予感は的中・・・。

またしても合体じゃね?・・・。



はい、短気スイッチ。

今月、ムカつく事だらけだった恨みを一心に

もう、フルパワーで木ハンマー振り下ろすも

さすが、ワイ製作、割れる事は無い。


ならば、とプラハン(大)にチェンジしてボッコボコにする。

うん、いつもの内部剥離のみ。

「FRPは強いね~」なんて感心しつつ分割強行作業へ。






もうどーでもいい脱力感で一杯なので

「どっちが壊れてもいーや」、とタイヤレバー突っ込んで

ムキムキ、メリメリ、グリグリとやってみた。



はい、またしても離型ワックス効いてませんね・・・。


奮発してカーボンで制作したのにさ・・・。



実は、作業時間的にギリギリなタイミングなので

このカバーで#13号車のインナータンク制作するつもりで

準備してたんだよね、最悪の場合を想定してさ・・・。



まぁ、そのとおり、最悪になってるけど・・・。







デストロイスズキは破壊する事で気分を紛らす事にした。


型と製品を同時に八枚おろしで細分化。

そのあとカバーを合体する作戦。



これにより、無事な物品が何一つない状況になった。



ジジイ共の呪いの怖さを思い知った。

仲間の裏切りに心を痛めた。

体調が芳しくない。


どれもこれも自然なのでしょう。

自分が悪いんだよ、きっと。




では、気を取り直して再度補修作業へ。








ゲルコートが少しも残ってないのもスゴイ。

カーボン地がむき出しでガッサガサ。


パズル式にチリ合わせて合体。


ついでに今後行う予定だった形状変更を同時に行う。

バランス的に前後長を詰める事にする。

よし、60㎜カットだな。。。







張りぼてですが少しは復旧出来てきた。

この時点で10月20日。

「このカバー使えばなんとかスプリンター制作できるかな?」と。



しかしね、本来ならば

・この試作カバーで製品型を取る

・そこから製品カバーを制作

・このカバーはインナータンク制作用のダミーカバーとする

・#13号車に装着

・優勝する、ウマー



っちゅースンポウなんだけど、このカバーは唯一無二。

コレが破損したら、暫くは計画が頓挫になる。

作業スイッチが入ってる以上、それは避けたい。



「今から再度型取って間に合うの?」って自問自答するけど

つか、さすがにワタクシも連続失敗で凹んでます・・・。

しかも、型制作なので市販品制作より手間暇かけてるしさ。



何が悪いって、原因は離型処理です。

間違いなく人為的ミスですから・・・。

そりゃ、恨み妬み呪いなんて冗談で済ましたいしね・・・。



・試供のクリアゲルとワックスの相性?

・作業スピードを優先するあまり、乾燥室で温度上げ過ぎた?

・高温対応してなかったワックスの性質?

・ワックスをふき取り過ぎた?



この時点でテイスト決勝まで3週間残ってるし。

張り切ってもう一回、この製品型から型取るかな。。。
需要有る無し関係無く制作するシリーズ。

油冷後期型のタンクを型取る作業報告です。


実はこの作業、10月初旬の作業になります。

先週行われた「TOT」参戦中の#13号車長崎選手

GS1200SSレーサーに装着予定で製作していました。



まぁ、「予定は未定」とはよく言った物で

諸事情により、装着断念となった事案です・・・。

引き続き、来春に向けて進行させる案件ですので

今後とも、宜しくお願い致します。






で、分割型にリブ整形したタンクカバーの型です。


少しだけ純正形状から、敢えて変更させてます。

ブリーザー部分のモッコリを廃止しただけですけどね。



この状態になるまで下地準備から約ひと月程度要しております。


画像で白い部分が見受けられますが

軽く内部剥離しています。

その理由は後半で・・・。



では分割して中の純正タンクを取り出して

製品型の状態確認しましょう。

ヘラとかタイヤレバーとかプラハンでコンコンやりますが

ちっともびくともしない・・・。


う~ん、固いね・・・。

嫌な予感だね・・・。


本来ならば「パカッ」って離型出来る「ハズ」なんですが

どうやら最悪の事態、いわゆる「合体」シテマスね・・・。



この場合、「製品型」優先で「マスター」破壊する選択と

「マスター」優先で「製品型」を破壊する選択との

二択になります。


うまくいけば双方のダメージを最小限に出来る可能性も

有るかも分らんけど、ほぼ無理なのは経験でワカル・・・。


今回は「製品型優先」でマスター破壊作戦。





 

 純正タンクの底面をそっくり切り飛ばして

内部からハンマーでガッツンガッツン叩く事にします・・・。

先ほどの積層部分剥離やら割れ欠けなんか気にせずに

容赦なく引っ叩きまくる事数分・・・。


ようやく右側の型が分離しました・・・。


その内側にはタンクに積層されていた塗料や修正パテが

全面的にこびりついてきてます・・・。




まるで離型ワックスが効いていない証拠ですね。



もう心はヤサグレテマス・・・。

ムカつく事が沢山あった10月だから尚更です。

細木先生の言う通りでした・・・。




同じ様に、左側もガッツンガッツン引っ叩きます。

怒りを込めて振り下ろします。






コチラ側はあら、わりかし綺麗です。

ちょっとだけ救われました。


それでも失敗には変わりませんけどね。




失敗した理由は

「離型処理をミスった事」コレに尽きます・・・。



今までと変わらない離型作業。

新規型取りなので、五回ほど繰り返した離型処理。

いつもと何ら変わらない段取りだったんですが

何がまずかったのかさえ、想像付きません・・・。


多分、呪いを掛けられてる節が有るので

そのせいです、きっと。






   



マスタータンクは使い物になりませんが

型が残ったので、ひとまず安心。

今後は、型の内部にこびり付いてる塗膜やパテを

地道に削り取って、修正します。



今後のプランとして

この破損している型から、まずは一つ製品を作ります。

それを形状モディファイした後に

それを基にした「新規製品型」を製作する事にします。



当初考えていたプランはこう。

・R1100の純正タンク型制作

・その型からR1100タンクカバー制作

・そのカバーをモディファイしてGS1200SS対応

・その製品を#13号車に装着して優勝

ウマー



「良し、まだ間に合う」と意気込んだ10月10日頃のお話・・・。


でも、「10月までは地獄」らしいから

気は抜けないね。。。
ココ最近、体調が良いので、自転車で病院に行こう。

車の運転にストレス感じるようになってしまった精神修行なのね。


色々と考えながら自転車漕いでます。


では、レッツ自治医大





最後の記事が2015年11月なので、丸二年熟成してしまった・・・。

基本的に気分が乗らなかったから遅れてる事実です、はい・・・。

つっても地味に作業は進行してます、はい・・・。



で、シャーシーが70%位は出来上がってきた。

じゃあ、RKエンジン載せて、ハラショー仮組するべ、と。





油冷750エンジンにハラショーフルエキ装着は初なので

各部分クリアランスはどうかな?と。

ワタシも原田シャチョーも油冷750オーナーなので当然の展開っすかね。





目線の高さではこんな感じで、いつもと変わらない。


問題は下回りだよね。





うん、想像よりも余裕な感じです。 





何ら干渉は有りません(当社での場合ね)。。。

カタナフレームとの干渉もクリアです(当社加工の場合ね)。。。


油冷カタナの場合、数社からデリバリーされてる

「エンジンマウントキット」によっては対策が必要だと思います。



取り急ぎ、こんな感じですぜ、シャチョー。
テイストへ向けての練習中におきたトラブル。

午前中に連絡貰ったので、夕方の搬入までに準備が出来た。

初期始動はバッチリデス。。。


で、外装類の補修とクラック修理は僕の担当。

その他車体全般は三友ラボさんがチェック。


取り敢えず、四時間ほどで僕の担当は終了です。

初期型外装が久し振りに復活でゴザイマス。


ではコーイチ選手、頑張って下さいませ。

夕飯ご馳走さまでした。。。







カッコエーね、しかし。。。
コーイチ選手のGPZ1000RXレーサーに使用する事前提で

15年位前?に製品開発したレース対応外装シリーズ。


その外装の一つ、俗称商品名「タイプGアンダーカウル」。

カーボン仕様。

GPZ1000RX専用だから【タイプG】なんだけど。

汎用性が高い製品です。。。





 


でね一応、新品を準備してある。

だけどコーイチ選手は転倒が少ないライダーなので

経年劣化こそすれ、破損が少ない。

それはそれで外装類のサポートが楽なんだけど

で、そうなると僕の出番が少ないのは、色々と言いえて見様・・・。

当たり前だからか、必要性が無くなるんだよな・・・。


バックアップも万全にしてナンボだから

華々しく「見せる事」に従事してきたつもりでさ。


そろそろ外装一新したいんだけど

お互いタイミングが合わない。

次回には、リニューアルしようと思うけどどうだろ?
で、こうなった。


 

クライアントの意向で、折り畳み式にしてみた。






これを広げて、タンク載せ~の、メンテしやすい~の。。。

ご参考までに。。。
定盤出して固定しながら工作するのは

インナータンクのタンクスタンド。

週末に間に合わせる便利グッズ制作です。


イメージとCAD ではシンプルで素敵なはずだが

実際はさて、どうなるかな。。。





気分的に歪対策です、はい。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
6
7 8 9 13
14 16 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools