SD-ALTIS
[1] [2] [3]
「制動力を上げましょう」、となったらシステム変更です。

今回はブレンボ製のシステムに総取り換えしました。


いやいや、久しぶりに好感触でゴザイマス。

ブレンボに変更するのが当たり前になって久しい昨今。

車体の押し歩きでさえばっちり体感できるってのは

安定した性能なのか、元々がダメだったのか・・・。







マスターシリンダーは16x18をチョイスです。

シングルディスクだからね。

良い意味で、質感が純正と馴染まない所に個性を感じます。






キャリパーのブレンボ4potは廉価版ですが十分です。

ローターはサンスターのカスタムタイプOW01等対応製品。

ブレーキホースは安定のグッドリッジシンプルライン。

それらをサポートする部品はボアエース製のアルミ製品。


元々左側だったブレーキシステムを右側に変更してみました。

理由個人的になんとなくです。



ブレーキシステムは重要な部位ですから

きちんとした部品チョイスと装着方法で身を守って下さい。

SR界で定番カスタムなのは理解できます、はい。。。



あと残すは

⑤メーター交換

⑥メインキー移設

⑦テール廻り変更

⑧専用キャリア制作


って感じで、小出しにしますかね。
今月内に収めたかったお仕事ですが

諸事情により頓挫しております・・・。

共にアルミ製の制作品なんですが加工材料のトラブルと

エアコンプレッサーの圧力トラブルで

現在エアツール系が使用できない状態です・・・。

これは、不便ですね・・・。

関係者様にはご迷惑をおかけいたします。

もう暫くで復旧しますので。




だからって、何もしてないわけじゃないのよ。


仲間だと思ってた某関係者の方々からは

「あいつは仕事しないで暮らせてる」

とか言われちゃったりなんかしちゃったりして・・・

そんな資産家に見えるかっつーの、ボケカス!


・・・ふぅ、悪口はいけませんよ。





故に、SRの作業③報告でゴザイマス。

なんてことない、通常メンテナンスなので

「オーナーへの作業報告」、ちゅー感じです。。。





 

一連の作業により、外されているFホイルです。

が、そのまま装着するほど、ナンセンスじゃあ無いです。


何故って、まぁ、コキタナイ・・・。

放置車両にありがちな泥水みたいなのが混入してるし。

で、やっぱり、多少ゴリゴリしてるし。


当然、新品部品に交換ですね。






メーターギア内も同様にコキタナイ・・・。

全バラして新品グリスを再充填します。






ホイルアクスル廻りの交換部品。

ベアリングとオイルシールを新品交換します。

ついでにローターボルトも新品にします。


コレでFホイルの回転系は良しとします。


次は制動力アップ編の④で。
その②はフロントフォークのOH。


以前、オイル交換だけ行っだけの整備状況でしたが

タイヤホイルまで伝ってしまう程フォークオイル漏れが酷く

且つ、インナーチューブの痛みも見受けられてきたので

インナーチューブの交換含めて部品交換しましょう、と。


ただ、物がモノだけに(SR500SP)供給有るかが問題で

純正部品の流通に掛かってしまいますが

他車種の足回り移植は今回のコンセプトとは離れてるので

なんとか原状復帰が望ましい方向で進めます。







まずは分解して再利用する部品の清掃です。

古さを感じるシンプルな部品構成ですが

バネレートとオイルとのバランス合わせて

実走行に不満が出るレベル(個人差有るけどね)ではない。

今回は油面上げてセットします。







交換する消耗部品。

まだ部品有った、助かるね。。。

ただし、スライドメタルは設定なしなので
 
ガタが出てきたら、アウター交換かな?と。

今後を踏まえて、何かしらの準備対策は必須でしょう。







懸念していたインナーチューブですが、400用です。


今回の消耗部品全部、400SP用で発注してみた。

(500用の部品番号じゃ該当無しだったので)

多分大丈夫だろうとの思い込みで注文したが

無事オッケイ、不良在庫にならずに済んでよかった。


一か八かの部品注文には勇気が必要ですね。

SRファンの方々には常識かもしれませんが

SRの世界にそこまで詳しくない私としては

時には賭けも必要なので、今回の案件はホッとしました。


まぁ、参考までに。



ちなみに、作業報告と実作業にはタイムラグがあります。

昨日いらしたお客様、SRの作業風景を見たかったようですが

その⑤あたりに進行しているのは内緒です。。。


今行ってる作業は、インナータンクの制作です。





では③へ
なぜか、不意に「やる気スイッチ入ったSDスズキ」です。

年末までしか効かないドーピングをしましたので

今なら納期激速の可能性アリマス。



では、本題の作業レポートです。



マーシー選手のSR500を車検ついでにカスタム。

紆余曲折経て、まだ安心できない車体でゴザイマス。

中古車両の宿命ですので、気長にお付き合いしましょう。



今回はフロント周辺の修理とカスタムを行います。



まずはフロントフォークOHから。

ついでに違和感の有ったステム廻りもチェックします。





購入当初から装着されていたセパハン用トップブリッジ。

WM製のしっかりした製品です。

が、シャフトの部分に変な物がある・・・。

嫌な予感ですな、また余計な事になるかもしれんね・・・。






コレ、なんなん・・・。

なんやサイズの合ってない、ガタガタ寸法の物。

多分、カラー代わりの物やろか・・・。

トップブリッジを上に上げたかったんやろな、きっと。

にしても、コレは無いわ・・・。

サーキットの現場やないんやから。

納車前に「取り合えずコレで」は無いやろ。

上げた分、ステムのねじ締め長が足らんし・・・。


昔同じような整備ミスが原因で

一般道で転んで入院したの誰でしたっけ?

なんも勉強しとらん、ただの馬鹿や。



おっと、口が過ぎた。

正直者は馬鹿みるから、知らんぷりしよか。。。





 

うんうん

コレ、ステムシャフトのレースやね。

サイズ違い、ゴミ箱から漁ってきたんやね。

わざわざ二枚重ねて、ご苦労さんや。


理由を伴う作業なら、暫定のままじゃいかんやろ。

機械加工屋さんは沢山おるんやから

スマートな部品で納車しーや、と。



おっと、口チャックやった。。。






 

ステムからの違和感有ったんはコレが原因や。

なんやハンドル切ると微妙にゴリゴリ感が有ったんやけど

数えてみたらボールベアリングが四個足りなかったわ。

皮肉にも、ご丁寧にグリスはタップリやけどな。



おっと、いかんいかん、口チャックや・・・。







折角なのでちゃんとした部品に交換します。

使用するのは後期型のステムベアリング一式です。



オートバイの整備は

「疑わしきは罰する」方式で手間暇かけましょう。。。




単なるフォークOHで済まない所が

マーシー選手のSR500なのでゴザイマス。。。


その②へ
マーシー選手のSR500、ほぼ完調になりました。

ほぼ、っちゅーのはキャブセットがまだズレてるから。

納車時から出鱈目なセッティングなんだから仕方ない。

当初の「取りあえず動いていた」から

「調子の良いSR500」になるまでの道のりは険しかったですよ・・・。

「バイクに罪は無い」と言い聞かせて辛抱した結果ですので

何は無くともオーナーの愛情が全てでゴザイマス。。。




ボク的に、色々なトラブルシューティング行いましたので

かな~りSRの電装詳しくなりました。

今では配線図無くともメインハーネス制作出来ますね。

ただ、あとひと月程度で80%以上は忘れると思うので

あまり意味無い自慢ですけどね・・・。

ほら、ボク個人的にはSR嫌いだからさ。。。


 



で、ピクリともしなかったSP2ですが、今は点火バッチバチです。

現状はキャブセットがズレてるので気持ち良く走れませんが

総合的に納車時より70%程度は改善しましたかね。

火花が強くなった分、ズレてるセットでも走れてしまってると。

「誰が乗ってもスムーズなバイク」ってのが理想ですが

そう上手くいかないのが吸気カスタム車の扱いでしてね・・・。

中には多少ズレててもそれなりに誤魔化せる手癖のヒトがいます。

大変ですよ、そんなヒトに触らせると答えが出ませんから。

「オレなら大丈夫」なだけで、それでは自分勝手なだけです。

「相手の立場になれないヒトはサービス業から居なくなれば良い」

そんな事を思わせてくれた今回のSR500整備でした。。。

なんてね、反面教師ッスね。。。



最近はお仕事パンパンなので、身内作業は後回しっつーか

ボクの都合による合間作業なので一気に仕上がりませんが

ココまで我慢したんだから、もう少し待って下さいな、と。

でもって、これで「SR500」カスタム計画に移行できそうです。

だって、ようやく「普通のバイク」になったんですからねぇ。。。

良かった良かった。。。

妄想しといて下さいな。。。
結果的には前進しつつも、その度に後退もする

「ワンツーパンチ仕様」となっている現状でゴザイマス・・・。

いわゆる「ドハマリ中」なSR500さんです・・・。





取敢えず、連休前に部品は揃ったので作業開始。

交換予定として下記の部品を準備しました。

・ステーターマグネトーASSY

・ウオタニSPⅡKIT

・他交換備品





まずはオイルを抜いてみます。

カバー内水没していたので、エンジン内へ水の混入を疑っての作業。

水っ気は無く安心でしたが、走行距離の割には汚いしシャパシャパ。

まぁ、このタイミングで仕切り直しなので良しとします。。。



 

続いて、クランクシール交換。

水没していたから当然サビが発生しています。

しかも、シール付近に根深く・・・。

クランク割る訳にも行かないので、シール外してサビ落とし。



 

やはり根が深いので表面しかサビ除去処理できない・・・。

防錆ケミカル処置したけど、万全な対策じゃないので

今後は要チェックポイントとなります。


で、画像忘れたけど新品のマグネトーASSY取付けて

点火も充電もビンビンになって復活の狼煙が上がりました。

何て事無いアッセン交換なので当然ですけどね。

この作業まで一応オッケイ、まず試乗でもしてみましょうと。

う~ん、キャブセッティングがグズグズでダメ過ぎるね・・・。

個人的にこの状態で走行はちっとも楽しくない。

マグネトー交換したからおかしくなったのか?と思い

マーシー選手に試乗してもらった。

「始動性が良くなり低速のトルクは増えたっぽい」と。

うんうん、そこ等は良い感じなのね。。。

「でも納車時からキャブはこんな感じ」らしい・・・。

う~ん、同意見なのは対策が足りないって事でも有る。

部品アッセン交換で「元に戻った」だけで

キャブセット自体が元から合っていなかったって事ね。

暫定的にニードル段数変えてみたけど効果はあまり無し。

手持ちニードルも無いので、今後要セッティングです。



これまた上手く行かない事も有ります・・・。

コレがハマってるポイントの一つなんですが・・・。


ひとまず、進行してみます・・・。





点火系は信頼のSPⅡを採用します。

最近では「一択」といっても過言じゃない製品なのは周知です。

取付固定には一工夫必要だけど割愛ね。


で、装着しても火が飛ばない・・・。

余計な取付方法はしていない、至って普通の状態なのにさ。

純正システムでは火花ビンビンなの。

で、もう一個SPⅡユニット用意して接続しても同じ状態。

原因は相性なのか?

低速信号?高速信号?信号弱いの?

う~ん、只今チョーハマってます・・・。


今年はハマる車両整備が続きます・・・。

コレで夏場の困ったチャン、3台目でゴザイマス。



ちょっと閑話休題。

個人的には欠点と危惧していたSPⅡコイルとコードの接着問題。

今は専用のプラグコードコネクターが販売されて対策されてます。

 

作業者のスキル頼りだった接着法からすると

コレで間違いない接続と云えるのではないか、と。

今までの接着仕様でトラブルはそんなに出ませんでしたが

断然安心感が違います、個人的にね。。。
いやぁ暑いですねぇ・・・。

ただでさえダラダラした業務なのに、輪を掛けてスローペース・・・。

遊んでいる訳にもいかないので、休日返上でお仕事シマッス。


マーシー選手のSR500。

ジェネカバー内が水没していた件。

発電も点火も「今まで良く持ったな・・・」っつー印象です。

で、部品が揃ってきたので装着、エンジン始動確認までと。





SR500のACマグネトウASSY、¥91152-でゴザイマス・・・。

なかなか手痛い出費ですが、今後を見据えて安心感を優先です。

ついでにレギュレーターも後期型に変更して充電系も一新します。





クランクシャフトのシール部分はサビが発生しています。

当然ですね、水浸しだったのですから・・・。

ココはオイルシール交換しないといけないポイントです。

ついでにオイル交換もしてケース内のチェックも兼ねる予定です。




ジェネ側に倒れていたような水浸跡です。

今となっては状況も把握出来ませんので想像ですけど。


まぁ、清掃がてらブラスト当てて綺麗にしますかね。


あとは点火系も強化しましょうと。。。

やはりウオタニですかね。。。
マーシー選手のSR500SP。

先日もちょっとした点火不良が起きたけど、一般的なシューティング

プラグコードの連結不良解消にて、無事エンジン始動確認出来た、と。

そこまでは良かった。

「一般整備にて古めの車両を維持してます的」なオハナシなんですが

ひと月程度経過した後、同様に「エンジンが始動しない」っつー事で

ならばと、今度は点火系を掘り下げてみた。


通常ならばここで「点火系、ウオタニにでも交換しますか?」になる。

ボクもそう思ったし、マーシーもその気。

古い車両(1979年式のSR500SP)なので当然の対策範疇。


で、SR400も持ってるマーシー選手、ならば一旦400の点火系を

500と交換して、始動確認して見ましょう。

面倒ですがもう一度、デラ工場長に400の引取してもらいまして

ドナーの到着を待ちつつ、移植の準備。


で、プラグ、コイル、イグナイターと順番に交換してキックしても

症状は変わらず、一向に火が飛ぶ気配無し・・・。

キック係のお二人さんもヘトヘト気味です。

これじゃあ点火系をウオタニ製に交換したとしても意味無かった。

「他なんだろ、ハーネスに原因有るかな」と模索しながら

ふと、ちょっとステーター見てみようとカバー開けてみたら

水没車両の如く、水がバシャっと溢れてきた・・・。




なんだか鍾乳洞見たくなってるコイル・・・。




カバー裏の水染やホイルのサビ具合から推測するに

この発電室内、水がチョー満タンだったっぽいです・・・。

どれぐらいの期間だったのかさえ分からないしねぇ・・・。

バイクカバーも掛けな放置車両ならば水の混入もあり得るけど

ココまで満タンになるか?って状態・・・。

ただ、カバー外して漏れた?水自体はコップ一杯程度だったので、

ちょっとずつ蒸発?でもしたのかしらね・・・。

「クランクケース内にも水浸水してるかなぁ・・・」と、思うのは

至極真っ当なイメージでして、ちょいブルー入りますねぇ・・・。


巡り合わせも時として残酷な物です。。。

「今更掘り下げる事は出来ないので、受け入れますかね。」

マーシー選手のダンディズム発言にて

今後のバイクライフに向き直しましょう。。。


どちらにせよ、水の進入路が判断できないし

怪しさ満点なのが判明してきたので壮大にリセット車両。

フルレストア作業を視野に入れた方向も有りだね。。。


久しぶりに意味不明な議題の打上げも楽しかった。。。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 9 11
12 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
鈴王
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200S
・GS1200SS
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GSX750S
・ZZR1100D
・GPz1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・ZRX1100
・W650
・XJR1200
・FZ750
・TDR80
・XR250
・CF50シャリー
・エイプ50
ninja tools