SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
フレームマウント仕様なので操作性は向上。

しかし、替えが効かないワンオフ制作なので

補修作業はちと面倒なのがデメリット・・・。




一部に好評な「この手」仕様に興味がある人だけに

水面下進行製品、デリバリー予定商品は

「クーリーカウル用フレームマウントキット」

テイスト以降だけど準備してますので

興味あったらチェックヨロシクチャン。。。
地味に進行中ですが牛歩の如く進化もしてるRKM。

油冷エンジンマウントとの位置関係も確認出来たし

モノサス仕様での位置関係もクリア出来たので

本格的にフレームの補強加工を開始します。





ドナーは国内未登録の新規フレームですが汚さは同年種同等か以上・・・。

無駄に加工されてる正体不明っぷりが幸いすれば良いですけどね・・・。

テールエンドのシートレールが切られて現存無いからどうすっぺね・・・。





ネック周りには定番の囲い補強が望ましいかと。


フロントはR600のフォークを加工流用します。

ハンドルストッパーの形状はR600ストッパーに合わせて制作ですね。





ネック補強に採用するのはこの補強プレート。

オーノさんちのカタナフレームに施工されてる物と同じ物。

一応、加工前提なので素人さんには不向きの非売品なのね。

勿論、現車合わせで追加工が必要な部位素材です。

有るのと無いのでは大違いですね。




 

バックボーンも当然強化します。

逆にアンダーループは別にいいかな、と。

補強追加すると微々たる重量増加になるので

なるべく軽くがコンセプトなRKMにマッチしない。

そんなフレームコンセプトですかね。






ご存じの通り、750油冷エンジンはヘッドの位置が低いです。

なので、マフラーの軌道確保との兼ね合い補正が必要です。


やはり、まんまと干渉する事が判明。

フレーム側の干渉部分を是正して対策する事にします。


使用するマフラーは勿論ハラショーフルエキ一択でゴザイマス。


さて、大嫌いな鉄粉にまみれる事にします・・・。
長期プロジェクトと化してる油冷カタナ制作。

昨日、ようやくローリングまでたどり着いた。


次の作業はフレームの加工。

補強やらなんやら現物合わせなのでやる事沢山なのよ。

前後サスの位置関係は、少し思う所有って導いたセットに。

さてどうなるかな・・・。

没個性にならぬ様、一手間加えて見る所存でゴザイマス。。。






750カタナフレームにRKエンジン搭載車両。

なるべく軽量で軽快な車体にしたいと思っております。

折角イチから組み立てるので、オーナーさんとの打ち合わせ優先で。

私の主観をゴリ押しで進める事はゴザイマセン。


春までには始動確認でもしたいな・・・。





RKの純正カム。

最近は油冷カム憑いてるワタクシでございますので

勿論計測します。


ふ~ん、興味深い。。。

750用のカム設定無いから貴重だよね。。。
外装は黄色の単色にしました。

テイスト仕様に向けて若干の変更は有るけどね。

極力「シンプル」に原点回帰なのです。





ちなみに、MCFAJ参戦の結果はリタイヤです。

リタイヤ理由は前回のテイストの時と同じ原因。

もっとテストしていれば防げたミスなだけに悔やまれますが

症状からの推測と明確な理由が一致したので「良し」とします。


最低限の機能部品で構成されているレーサーとはいえ

潜んでいるトラブルの元を摘み切れていなかった・・・。

今後の修正課題にする事でネガ昇華させる事としましょ。。。


さぁ、テイストまであと一か月。

もう少しだけ頑張りましょうかね。。。

よろしくです。。。
ちょっと思う所有りましてバルタイ調整を。

今回の記事は9月30日のオハナシなので出来事が前後してます。






前回のTOT参戦時から採用カムは~’90R用ST1です。

エンジンは75系なのでカムチェーン・スプロケが違う。

でもまぁ、ST2カムはR用と75系で共通なので

「多分大丈夫じゃね?」っつー思いで採用。

そのままカム素組で参戦し、特に問題無い様な状態だったけど

電気系の別トラブルでリタイヤとなった結末・・・。

「取りあえずキチンと確認すっぺ」とMCFAJ参戦前にチェック。





エンジン車載状態なので計測が面倒だけど、現状の値をまず算出。

ある程度回数重ねて平均の値算出いたします。

その結果


「う~ん、そのバルタイでよく持ったねエンジン・・・」だって・・・。


色々と確認したけど組み方は間違っていない。

一応、制作元のヨシムラさんにも確認して見るけど

コレと云った解決策はバルタイ変更しか無いっつー事になります。

ヨシムラデータに程遠い数値なので、まずはソレに近づけましょう、と。

アジャスタブルカムスプロケなんか持ってないから

純正カムスプロケを長穴加工して仮組してバルタイ計測して~を

数度行って指定の適正値にようやく近づいた。


【元々、素組でもイケるけど、キチンと合わせた方が良いに決まってる」

そんな部品なのです。。。





ひとまず純正カムのバルタイを計測してみる事から始めます。

エンジンベース牧場からドナーを引っ張り出して計測。


STD値はマニュアルに記載されていますが目的は違うのよ。

「計測する方法」の確認なのですね。

自分の計測方法がマニュアル値と同じじゃなきゃダメ。

やり方が間違ってたら本末転倒なのでね。。。






平行して外装の作業も進行させます。

転倒して傷だらけだったから補修も兼ねてペイント一新します。

下地作業はアライノリオ選手に任せてボクは色塗るだけ。

作業分業で相乗効果を狙ってみる作戦ですってばね。。。


ペイントを変える理由は、単に飽きたから。

もう「単色でいいや」と。

「ウチの外装セットで小奇麗担当はダーマエ選手に任せておいて」

っちゅー軟弱な他力本願作戦事なのです。。。

足回りは概ね全般的に原点回帰出来ました。

吸気系も良し

電装系も良し



引き続き、車検対応整備に移りますが

クラッチがブニャンブニャンなのでフルード足してエア抜きでも、と。

しかし、スッカスカのまま。





いくらやっても手応えが無いのはこの亀裂のせいです。


仕方有りません、ホース交換ですね。


こうなってしまったのにはそれなりに理由が有ってですね

クラッチマスター交換してるせいでバンジョーの向きが変更されてた。

ムリ繰り90度ずらして有った為に想定外のストレスが掛かったのでしょう。


ついでにオペレーションもチェックしますかね。





若干ですが滲んでいる形跡有り、と。

これはオイルシール交換して対策します。

在庫有りでゴザイマス、はい。。。

クラッチプッシャー機能一新となりました。。。






ではオペレーションの分解でも。

ちなみに左が73系で、右は後期の75~系。

73系の方がピストンが大きいです。

それに伴い、部品の互換性は無いです。


肝心のタッチはさほど変わりません。

つーか、気付けるレベルじゃないです。





同じく、左が73系のスプロケカバーで

右が78のカバー。

73系は穴開いててカッコイイですね。

軽そうに見えますが、重量はほぼ同じです。

交換しても物理的な恩恵はゼロです。

ただし、主観的にはイケテルアイテムの一つなのです。。。

互換性有りますので、レーシーな感じを装うには宜しいかと。。。





記事にしてない内容も施工しておりますが簡素に報告です。


相変わらず後期のライトは検査に引っかかる。

次回はこのライトやめよう。

現場で余計な手間食うの割に合わないしね。


すったもんだで車検無事取得。

で、無事ツーリング名人。

これ大事。
二年強の不動状態から、総合メンテを敢行。

車検も取って社会復帰が目的です。


今年の秋はツーリング行くぞ仕様にしましょ。。。





カスタムも視野に入れていた今回の作業プランでしたが

基本的な車体構成の安心感を優先した作業から始めます。


カスタムの類は次回以降に持越しっつー事でね。








まずはフォークのOH。

二年前位にOH作業をしたらしいですが、一見した限りじゃ?

必要消耗品等の部品交換されているようには見えないね・・・。

ただオイル交換しただけ?かもね。

まぁ、余計な詮索は恨み買うだけだからスルーなのか?



 

コチラ、今まで装着されていた交換部品。






GV73用の新品消耗品、一台分が結構なお値段ですね・・・。

古いバイクの場合、純正部品の値上がりも考慮して下さい。


現在の構成状況が良いと言えないので全交換がデフォ。

今回のタイミングからリセットしましょう。

オイルもきちんとした番手と分量にてセット。

本当ならばインナーチューブも点サビ出てるので交換が望ましいので

次回のOHにはもっとおカネが掛かりますのでご理解の程を・・・。







ついでにステムチェックしないでどうする?っつ―事で確認。

案の定グリス分少なくて、良いタイミングではないですかね。

ローラー打痕は多少見受けられますが交換するほどじゃ無い。

綺麗に洗浄して再グリスアップ対策。


それなりに軽快なフロント周りの構成を目論みますが

正直、純正部品のセットアップだけじゃいかんともしがたい。

なるべく良い状態で管理し、走行出来れば幸いです。



抜けてるリアサスも早急な対策が必要なんですけどね・・・。

ホイルのベアリングは大丈夫。

チェーンスプロケは次回の交換が望ましい。


旧車の部類に片足突っ込んでる油冷機ですので

現状維持にさえ、多少の根気が必要でゴザイマス。。。



ほら、古女房をその気にさせるには根気と金が必要だかんね・・・。

若い女は金だけで何とかなるからさ。。。

最後の工程は「リアキャリア制作」。

悲しいかな、キャリア設定が無いSS君・・・。

加工屋さんがワンオフで対応せざるを得ない部位なのです。

各ショップ毎に値段や製法材質が違いますので

打合せで製作意図をキチンと伝えて制作して頂きましょう。







ちなみに、ウチはアルミ製です。

大量生産じゃ無いので製作する度に形状が違うスタイル。

「気分やさんの気まぐれ風」と認識頂きたい。。。






カウルはウチの物を使って傷ついてもオッケイ仕様にて。

各パーツの精度を見ながら現車合わせで仮組立していきます。





で、今回の気まぐれ気分でこうなった。






色塗って完成。

*参考耐荷重は2㎏ となります。




納車は昨日の大雨の中、ご苦労様でした。。。

メインハーネスの間引きやら数点気になっている部位が有りますので

今後ご縁が御座いましたらもう少し煮詰めたい所存でゴザイマス。。。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools