SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
ちょいと珍しいクロモリ製のワンオフフレームです。

みんな大好き「TOT専用機」になりますね。。。


今まではワンオフならではの仕様変更も有りますので

なかなか仕上げまで煮詰められなかった経緯が有りますが

なんとか総合的な「完成像」の目星が付いたそうなので

このタイミングで一旦小奇麗にしてみましょう、と。


あくまでも車体の目星だけどね。。。




現状は錆びない程度に、軽くペイントしてある状態です。

サビ汚れ旧塗膜をブラスト一新にて下地調整致します。





ウチの直圧式ブラスターにて、約100分弱の作業時間。

Z系とかのクレードルタイプだと2時間~掛かりますね。

何気に地味な作業ですが、重要な下地調整なのでゴザイマス。。。


ブラスト後、残留サンドを隅々までしつこい位に吹き飛ばしてから

ステムベアリング部のマスキングをして塗装準備完了です。

一旦、全体にプライマー処理した後にサフェ下地処理します。

サフェーサーが乾燥した後、ネジ部分のマスキングして本塗です。





仕上げの色は「黒7分艶仕上げ」にて焼付ペイント。

まぁ、狙い通りの質感でゴザイマス。


本日発送致します。
なんだかんだで一段落したFZ750対応のカスタム外装。

車両制作も含めて裏事情満載なのはダレも得しない現実・・・。

一応は「お客様の為に」として成り立っていますので

ボクが出来る事はきちんとフォローしたいと思って数年・・・。

ベース車両は別所での施工でしたが、色々とお話しながら

情報も多々頂いたので、今じゃちょっと詳しくなりました。。。


ウチにもベース車両として上等な車体が一台有るので

「時間出来たら製作しようかな・・・」なんて思ったりもしますが

なんとなく、ウチはFZ750カスタムとの相性が悪い?らしく

色々な関係がまるでダメダメなのは気のせいじゃないと思ってます。

バイクに罪は無いですからやはりFZ絡んだ人間関係が鬼門なんだね・・・。




「ハーフカーボン仕様」として数年前にオーダー頂いた外装セット。

色々と紆余曲折有った、今回のFZ750カスタム車両計画。

オーナーさんの情熱が冷めなかったのがせめてもの救いです。

何はともあれ、人付き合いの大切さを勉強させられた案件でした。


今回、墓場まで持ってくお話が闇に追加されちった。。。

「心の闇フォルダ・墓場話二話目」です。

ついつい酔っぱらっておしゃべりしてしまわない様にしなくちゃ。

口は災いの元なので口チャックが望ましいけどね・・・。

自分に有意な「脳内変換」するのが人間の常ですから

一段落させるのが吉なのではないでしょうかと、オーナー様。

今後は良きバイクライフを。


まぁ、記事にしたら内緒の意味無いじゃんてね。。。



で、外装の別件。

激安外装が多いFZ君、素材も薄くて軽量だけど耐久性無いのね。

押し掛けする度にシートカウルにクラック入るって~のは

普通な事じゃないんですよ?ボロイんですってば。。。

補修を繰り返すんだったらしっかりした製品を購入するのが吉。

なんかね、最近値段の比較されたのでね。。。

いちいち安い所の製品と値段だけの比較なんかでは意味無いです。

「安かろう悪かろう」は大陸だけのオハナシじゃあゴザイマセン。

ご検討の方は見て触って決めて下さいな。。。


左右共にセンターパイプを四か所手直しして修正しました。




サイレンサー位置、良い感じに収まったと思います。。。

240サイズのリアタイヤには位負けしてしまう存在感ですが

気になるサウンドは「ヤンチャ」の一言でゴザイマス。

一応、レース走行会専用なのをご理解頂く製品です。


で、ついでに対策したい場所がココ。



240サイズのワイドタイヤ装着時に干渉するので

外す指示が出てるシャフト点検窓?のカバー。

現状では対策の仕様が無いデッドゾーンらしい。

水もゴミも石も入るし、良い事一つもないけど仕方が無い場所・・・。

「なんかカバーでも制作出来れば・・・」と思ってリア廻りばらして

寸法確認したり位置関係の模索してみたけど

かな~り厳しいね・・・。




上から見て見ると、タイヤとのクリアランスってば、5㎜程度?

その隙間に後付けカバー装着は非常に厳しいです・・・。

出来なくはないけど「好ましくない手法」しか思い浮かばない・・・。

「そこまでして」っつー対策は博打と紙一重なのね・・・。


ともかく、マフラーの装着がメインなので良しとしましょう。。。


1200のブイマは一時期乗ってたけど1700は初です。

総重量が重い割には引き回しが楽ですねぇ。

アチコチジロジロと観察して、と。


で、本題。

今回はバンス&ハインズの「CS ONEデュアル」へ変更します。

走行会前提アイテムなのは周知でゴザイマス。。。


でなんかね、大変な作業らしいと伺っております・・・。

どうでしょう楽しみです、はい。。。





V型なので前後のエキパイがこのチャンバーに集まって排気と。

この箱が曲者で作業者泣かせらしいとはネット情報・・・。

消音やら排気ガス濃度やらの環境対策が詰まってる箱。

何しろ重たいので「一人じゃツラいねぇ」って作業程度だな。

順を踏めば分解は問題無しと云う訳です。。。

組立には倍の時間は必要だな・・・。


サイレンサー、モーターワイヤー、O2センサー外して分解準備。






エキパイは緩めて置いた方が外しやすいと思う。

上からボコッって落として、後ろにズボッってニュアンス。






使用するバンスのスリップオン集合部分。

まずは仮組立を行って状態把握が必要でございます。。。

なんかね、左右が均等じゃ無いっつーか歪んでるイメージなんだけど

新品だから問題無いっしょっつ-事で進めて見たモノの・・・。



 

このリアバンクパイプが色んな面で厄介だった・・・。


まずは純正のエキパイにこのパイプを差し込む所から。

さすがバンスっちゅーかね、歪んでいて差込めません・・・。

パイプの成形修正する事小一時間でようやく挿入。


んで次に2-1部パイプの仮挿入。

ここでも問題発生・・・。




左側、サイドスタンドストッパーとのズレが20㎜は有る。

これはドーした物かと・・・。

もっと入るはずだけどムリなのね・・・。


でも一旦仮付けしないとドーにもナンネーな、と。





 

サイレンサー装着してみたら「全体的に右に寄ってるねぇ・・・。」

サイレンサー出口が右と左でズレまくってます。

運が良いとか悪いとかじゃなくて「なんだこれ?」ってレベル。


サイレンサー差込部分周辺を今一度角度御調整して対応しますかね・・・。

これくらいで返品するなんて野暮な事はしません。

何とかしましょう。。。


その②へ。

OW-01のラジエーターを大型に変更します。




FZR系個人的に思う事ですが、メンテナンス性は優れていると思います。

ウチ的には馴染が少ない車種系ですが、FZは外装全部オリジナル展開有るので

冬頃にちゃんとしたFZを製作して見たい欲求が最近は沸々と湧いています。




純正はストレート形状のラジエーター。

サンダーエースのラウンド形状に変更する事にします。

そのままじゃ装着できないので、加工前提です。






仮装着して、干渉確認と加工内容の確認。

結構収まりは良いですが、冷却水の入り口部分等の変更は必要。

ステー類も追加部品にて装着可能なので、相性は良さそうです。

カウルとの干渉は後回しで、まずは「車体装着」前提にて開始です。




ドナーラジエーターから拝借した、加工ベースの主要部位。

サンダーラジエーターを、OWラジエーターと同形状に加工する事で

固定方法やら、パイプの取り回しを統一させる事にします。




溶接加工前には清掃と塗装の剥離して、作業準備なのです。

現状、全部綺麗にペイントを剥離しなくてもオッケイです。

作業終了後にブラスト当てて、ペイントするので大雑把で良い。




位置的な問題と、「普通の形じゃツマンネーっしょ」っつー理由で

入口の形状はこんな感じにしました。

蛇口風ね。

別に優れた冷却性能が隠されている訳でもゴザイマセンが

流体的にはイケテルと勝手に思い込んでいます、はい。。。




溶接加工が終了した後、リークチェックします。

問題無く、バッチリです。

何故かパイプ数が多く感じるのは、基準が古いからかしらね・・・。


やはり、水冷式オイルクーラーはいいですね。

昔アクティブ?で取扱いしていた「ラミノーバ」っちゅー製品

後付けオイルクーラー有ったけど、今売ってんのかな・・・。

シンプルな構成は好ましいけど、二輪受けはしないかもね・・・。

さて、今年も残り二週間ちょいですね。

一応当社は、「土日祝日」を基本的に休業日としています。

零細の癖に生意気ですが、家族との時間も大切なのでね。

休みなしでしこたま働く美学は持ち合わせていません・・・。

「仕事が遅い癖に・・・」とか言わないでね。。。

でも、あくまでも「基本的な休日」なので、大概は仕事してますけど

「営業してるハズ」との思い込みはイケマセン・・・。

まぁ、ほとんど工場にいますけどね・・・。


で今日は、今後控えているお仕事の工程会議。

軽く段取りして準備しましょうとね。


894529ee.jpeg

まずはOW-01、外装の補修です。

'89年に発売されてから23年経ってるんですね。。。

その発売当時、この手のレーサー系車両には全然興味無かったボクです・・・。

なので、この車両がOW君、初対面でゴザイマス。。。


「OWスイッチボックス」なんてのを好んでZに流用していた時代なのね。。。

「30マスター」とか、パーツの流用に欠かせなかった車種ってーの?

なんか失礼なオハナシですけど、パーツ単体の出来がよろしかったんでしょうね。

「シンプルで質実剛健」な感じが、プンプン匂う時代らしさなのかもしれません。


外装類の素材はFRP製、経年劣化も含めて全体的に補修します。
 

サンダー君にラジアルマスター装着するのって、結構大変です。

なんつったって、スペースが無い・・・。

セット変更できるハンドルも無い・・・。

しかし、ボクはやる。

「やれ」って言われりゃ、やる。

工夫も無く装着されてるっぽく見せるのも手法。

そんない簡単じゃないけど、難しくも無い。。。

いや、無くも無い。


07566fab.jpeg

大柄なガタイの割に、味わいはコンパクトなサンダーさん。

大柄な女性を抱いても、決して大味じゃない女性の神秘に近いです。


b114d932.jpeg

使うブレーキラジアルマスターはフランドΦ17ショートレバー。

制動相性はまだワカンネ。。。

純正ニッシン特有の、「握り始めのチープァー感」が無いのがラジアルメリット。

ブレンボラジアルと握り比較しても、どっちだかワカンネ。。。

4955fceb.jpeg

途中にセパレーター設置して、ホースもしっかり固定します。

ダラダラしてるホースじゃ折角のメッシュホースも台無しだからね。。。

45f9ed24.jpeg

で、ホースは前廻し。

コレが基本。

色んな意味で。。。

あくまでもパーソナルベスト。。。


abc27877.jpeg

使うクラッチラジアルマスターはフランドΦ15ショートレバー。

相性は良い。

「はい、ココで切れた」感は、純正ニッシンよりもシャープに体感できます。

今後はΦ14使って激軽仕様も試してみたいです。。。

ただし、「切れ」と「繋がり」、が重要なのがクラッチワークなので

でやみくもに「外す事」は出来ませんけどね・・・。


d180de30.jpeg

で、リアマスターも交換します。

「ブレンボ」っつったって、純正じゃアレだ、執着するほどでも・・・。

ブランド力に溺れるのは、ガキンチョにまかせてオジサンたちは別な事を・・・。

419f1fd4.jpeg

しかし一応、分解して原因究明して見ましょう。

2411cfd4.jpeg

ピストンシールゴムがベロベロでカチカチでボリボリです。

先端ちょい錆びてるし、水の混入で知らず知らずに浸食したっぽいですね。

アルミ製でよろしいですが、余生はドナーでございます。


a00db751.jpeg

で、一体式のニッシン製を装着します。。。

取付ピッチは同じだけど、ネジ寸が違うので帳尻合わせて固定して、と。

純正ブレンボがΦ14で、一体式が1/2なので、踏み込みタッチが変わる。

具体的には、柔らかいタッチでストロークが増え、コントローラブル方向。

「あんまし、カワンネーなぁ・・・」が本音の範疇だけどね・・・。

交換するメリットばかりじゃ無いのも事実でございまして

「悪くならなければ良い」んですね、ボク的には。。。


サンダー君、’12仕様オーラスでございます。

’13は走る年にする所存でございます。
 

早い物で、12月師走でゴザイマス。。。

今年も残り僅かです。

悔いのない2012年をお過ごしくださいませ。



で、サンダー君。

事が進むのには、理由はいらないのです。

が、進行度数は個の完成度によって都度調整なのです。

よし、フルエキ装着すっぺ。。。

じゃ、ハラショーだっぺ。。。

しかし、サンダーエース専用製品が存在しないので、ちょっと装着実験。

たまに質問される事例なんですけど、ボク的にはFZ系にあまり詳しくない・・・。

なので、この際スキルアップの一環として、情報だけでも蓄積します。

5cc10d8c.jpeg

ハラショー製品にFZ系フルエキが存在しますので検証レポートします。

使用するフルエキは、「FZ750対応/タイプ35°」がドナー。

「付くかも・・・」とゆう無責任な情報ではダレも得しませんのでね。。。

えーと

・装着固定は出来る
・ラジエーターと干渉するので要対策
・サイレンサーステーの要制作
・カウルの一部カット要対策
・状況に応じて要キャブセット

って感じで、走行可能な状態になります。

実際、車体の個体差も有りますので、一概に断言できませんけどね。。。

もう少し詰めたデータはボクとハラダシャチョーとで共有しますので

欲しいと思ったら、直接連絡下されば相談にのりますので。。。


c2973566.jpeg

で、ついでにブレーキとクラッチのマスターシリンダーを交換します。

地味に増殖している「フランド製」ですが、何気に良い感じなのよね。。。

コストパフォーマンス抜群なのに、日本人ったらブランドに振り回されるから・・・。

bd463e0a.jpeg

ホース類は、アクティブ製のビルドアライン。

最近はコレ一択でしょう。

シンプルで最高なのです。。。

勿論、ステンね。

アルミは怖いよ、マジで・・・。

メンテ次第だけどさ・・・。

 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools