SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
FZ750の純正燃料供給システムはライン電磁ポンプ仕様。

それをFZR750のインタンク式電磁ポンプシステムに変更します。



①ピンキーなタンクがFZR750ドナータンク。

奥のFZ750タンクと一部合体作戦となります。

インナー形状の電磁ポンプを取付けるに当り

FZRのポンプ取付部分ごと移植するのが手っ取り早いですね。



②FZRのタンク下部、ポンプ取付部分はこんな形状です。

比較的平らな真ん中に「ドーン」と穴開いてます。

燃料バルブとリターンバルブとフュエルセンサーも一体式な

インタンク式電磁ポンプの使用は「メリット大」ですが

まずは取り付けがキチンとされることが先決でございます。



③FZのタンク底面はコックと燃料センサーの取付部分が開いています。

底面の段差も若干有るので、すり合わせがキモとなりそうです。



④「まずは、お互いの位置確認すっぺ」と

サイドのリブ10mm程度を残す様に

FZRタンク底面の外周をカットします。



⑤切り取ったFZRタンク底面をFZタンクの底面へあてがって

まずは確認調整、予想通り全然合いません。

が、それアタリマエでしょう。。。

こっから「切った貼ったの帳尻板金」開始でございます。

互いの「良い所取り」で上手く仕上がれば

マニアックなタンクカスタムじゃないですかね?

いや、上手く行く様にがんばりましょう。
【新製品紹介】



・FZ750対応シングルシート(サーキット走行等仕様 )
・専用シートベース付属(座面スポンジ整形 ¥10000~)

・FRP黒ゲルコート仕様 ¥42800-
・カーボン仕様 ¥69800-(ウレタンクリアー仕上げ ¥10500-)

・取付にはステーの加工が必要(専用シートレール有ります)


週末のFZミーティングに行かれる方は、ゼヒ実物をお確かめ下さい。

特別な事をしている訳じゃあゴザイマセンが

現状、この車両のみがフルコン・STパケ1号車です。


ミーティング後、この外装はアウトレット価格にて販売予定。





マフラーはご存知「原田消音器」製ワンオフ。


外装製作してから早4年、日の目を浴びられそうで喜ばしい限りです。
 【新商品の紹介】 

インナータンクシリーズ 「スプリンターKIT」 にFZ750対応が完成です。

FZ用としてのウリは2タイプのインナータンクを用意した事でしょうかね。

一つは純正の電磁ポンプ併用型で容量が12リットルのタイプ。

もう一つがスプリントレース用らしく落下式で容量が9リットルのタイプ。

値段の変更は無いですが、注文時に使用途に応じた対応・製作します。





・レース・走行会専用製品。
・FRP黒ゲル仕様 ¥149800-(税込)
・カーボンクリア仕様 ¥169800-(税込)
・カーボンポリッシュ仕上げ ¥10500-(税込)

・キット内容
 専用タンクカバー
 アルミ製インナータンク(2種類設定有り)
 (落下式 容量約9リットル)
 (電磁式 容量約12リットル)
 ニュートン製 タンクキャップ
 レーシング燃料コック(2WAY)
 ブリーザー類・取付部品セット

*使用途限定製品ですので同意書やライセンスの掲示を求める場合が有ります。
*製品形状・価格については予告無しに改善する場合が有ります。
*製品の特製を理解の上でのご了承の程宜しくお願い致します。


一部、好評を頂いております「スプリンターシリーズ」でございますが

今年内中に、あと2車種の設定を増やす予定でございます。

時代が時代でございますので、位置的に難しい商品展開では有りますが

ウチらしいアイデンティティを失わない様、頑張ろうと思います。


まずは、FZ750専用製品にて上半期、ご機嫌伺ってみましょう、と。
先日のTOTでは点火系統のトラブルが発生した

某店のFZ750レーサー。

当社製レーシングハーネスの新規製作で

点火系統の確実性を増す事にします。





もともと、無駄な配線はカットされている車両なので

新規に配色の是正やカプラ管理を徹底しておきます。

オルタもセルも無いのでメインの線は2本です。


最近のバイクはセキュリティ部門が多すぎて面倒ですが

レーサー専用のハーネス制作は楽しいです、はい。
14日つづき。
リメンバーな昼食時間などでイエローも準乾燥。
硬化する前にマスキングは剥すべ、と。
したら松田塾長がカブの引取りで来訪。
閑談しながらマスキング剥し。
この時点で全容がようやく確認出来ました。
「あらー、結構イカスじゃない」って感じでマンコスです。

夕刻、デモ展示車両を長井選手より借り受けて
ソチラの車体へフィッティング開始です。
シートレールの固定にナッター加工を施してレールの装着を。
今夜はココまでで作業は終了です。
明日の昼以降にクリアー吹いて色を落ち着かせて見ます。

なんだかんだで実質2日でココまでです。
ほぼ、徹夜ですので正味3日でしょうかね。
クリアーや磨き、補修も入れて2週間は頂く作業工程です。
紛れも無い突貫作業を行ってみた今回ですが
仕上がりは非常に気に入っています。

14日
何故か10:00頃に目覚めてしまう。
朝っぱらから立て続けに電話が鳴るので
受け答えを繰り返すうちに起きちったって感じ。
ついさっき?塗ったホワイトも弱乾燥で食指ギリな肌。
スケジュール的には「塗っとけ」なボクと
塗装は「急がば廻れだぞっ」ってボクと。

まぁ、強行です今回は。
手直し無視のテープ痕バチバチでも後で何とかする作戦。
イエロー部分をイメージしながらマスキング開始です。
PM12:00頃、イエローペイント開始。
当初はエローにてマッキッキでしたが
仕上がりの判断でチョイレッド2%添加。
PM12:30ペイント終了で、乾燥開始。
カミサンと昼食の約束してたので
中華でも、とセイジョウハンテンへ・・・。
無様なランチに呆気に取られつつ、マーボウ豆腐は有りでした。


白/黒インターもいいな、うん。
13日
前日の風邪がいくらか良くなり仕事を再開する。
午前中は下地調整を済ませ全体をブラックで整えて乾燥。
PM1:30頃合をみて昼食と思いきや
飛び込みの作業依頼を断れるほどの余裕も無く夕刻まで特急作業。
昼食抜きの空きッパラ状態の後、#93選手と夕食へ。
快気したとの判断により青葉で暴飲暴食。
PM9:30頃解散、代行のジジイが強烈な加齢臭を放出。
気分が悪いのでちょっと休憩がてらスパイダソリティア。
PM10:00頃、今日のスケジュールを遂行する為に夜勤開始。

で、明けて14日AM2:30頃、車両左サイドのマスキング終了。
このままでは中途半端なので右サイドもマスキング開始。
AM4:00頃全マスキング終了。
眠気ピークですがこのまま寝たらスケジュールがずれるので
ウツラウツラしながらホワイトをペイント開始。
AM4:30ペイント終了。
昼位まで寝ても乾燥時間と相殺されるタイスケです。

黒/黄のインターも良さそうですね。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools