SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
900Rレーサー作業の続きです。


私の尊敬する「アインシュタイン」の格言に

「ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ」とあります。

私もそう思います。






「シンプルなハーネスは貴方に幸福をもたらすでしょう」


別に宗教染みてる訳じゃ無いですが、欧米風に云うとそんな感じかと・・・。






シート下は新設したバッテリーケースにリレー類を隣接させるレイアウト。

今後も考慮した設計を行ってみました。


欲を云えばシートレールの形状変更を行うと効果有です。

シングルシート固定に特化した形状にて、より一層雰囲気が変わります。






メーターはAIM製に変更。

至ってシンプル。

必要な情報は詰まっております。




 

シフト機構にレーシングアイテム「PICシフター」を装着。

当社は取付推奨販売代理店なので今の所「一択」でゴザイマス。


「機械接点式の安定度は貴方に恩恵をもたらすでしょう」


調整範囲が広いのも特徴で、必ずベストな位置を探求できると思います。

ただ、タイミング調整を失敗するとウマくシフトアップできなかったり

高回転域で失火現象が起きて頭に中が「?」状態になります・・・。

まぁ、多少の技量が必要なのはご理解頂きたいアイテムです。。。





もう一つ交換したアイテムがHRCコア交換。

当社ではお馴染みの作業となります(一部に好評)。

「大は小を兼ねる」

男の持論でゴザイマス。。。





ラジエーター交換パックにリザーブタンク設置も。

カウル内に配置してチョイチョイ確認ください。


一旦終了、進化の途中作業でございました。。。
久しぶりの更新になります。

サボりつつも色々と作業はしていますが

マル秘的オフレコ作業が多いのでネタに出来ない月間だったのね。


ひとまず、差支えない内容からご報告いたします。


某氏のニンジャレーサーでゴザイマス。

車両制作やメンテナンスは私じゃありませんが

私程度でも多少はヨコの繋がりも有りますので

得意な分野はお任せいただく事も有りますゆえに参考までに。





お馴染みのレーシングハーネス制作を行います。

「シンプルが一番」なのはウチのテーマなので今回もバッサリ行きます。

ネーミングの響きだけじゃ無い、「質実剛健」アイテムですから。




まずは現状でのハーネス、補器類などを確認しておきます。

まぁ、後々忘れてしまう事が多いので準備として必要ですね。





外した純正のメインハーネス。

劣化はそれなりだけど、外皮剥けばまだまだ綺麗です。

コレを元に再使用できる部分を吟味して再構築いたします。






配線テープをムキムキしてベタベタな糊残りを洗浄したドナー。

何が何だかよくワカンネーけど、生まれ変わるんだから大したもんだ。






軽く間引いた廃棄線の塊り。

重量的にはさほどじゃないけど邪魔と言えば邪魔な線。

信頼度とトラブルフリーが目的なので容赦ナイッス。

再構築する配線は車体に合わせて結線し直します。



で、次の準備として走行用の補器類。

「走れば良い」だけなので至ってシンプルチョイス。

使用する補器類は下記の通り。

・バッテリー 14サイズ(元から付いていた物を変更せず)
・スターターリレー(ZRX系の後期型に変更)
・ウオタニSPⅡ(点火システム)
・メインスイッチボックス(当初はヤマハ系、後にドゥカ製に変更)
・シフターキット(PICシフター代理店なのでおススメ)

今回もレーシーライクに是正いたします。
フロントブレーキのシステム変更を行います。

サーキット走行でのパフォーマンスアップが狙いです。。。





ブレーキマスターシリンダーとローター交換がメニュー。

本来ならばパッドも同時交換が望ましいですが

当たりも綺麗だし残厚も有るので継続してみます。



まずはニッシンのラジアルからゲイルスピードのラジアルへ変更。



 

ブカブカでスポンジーなタッチのニッシンラジアルマスターは

「敢えてそうしてるんでしょ?」って設計だと思う。

手元品らしく好みが分かれる製品ですから良し悪しは別ね。

あくまでも「味付け」の問題だから好みでチョイスすれば良い。

公道で使うんだったら有りなのよね。



 

かっちりしたラジアルタッチが好評だから採用率も高い。

同等品のブレンボRCSと選択を悩むゲイルVRCですが

一般的な使用途だとドッチもドッチですかね。

レバータッチやフィーリングの違いは当然あるのでソコは好み。

同時に触ってグニグニしただけじゃ何とも言えないからね。





純正ローターはΦ300。

サイズアップしてΦ310に変更します。

つーか、純正設定無しなので選択の余地なしだからね。





サンスターのプレミアムレーシングをチョイス。

外径が大きくなった分はオフセットカラーで調整します。

ラジアルキャリパーならではの手軽さで無理なく装着でした。


では、サーキット走行頑張って下さいな。。。
通常メンテナンスのご紹介。

元気一杯福山号ですが、経年劣化には勝てません。

今年のシーズンも沢山走るでしょうから

今出来る準備を、と。。。





フロントフォークOHとEGオイル交換です。


と、ついでにアラ探しでもしましょう。





フォーク抜くのにカウル外して作業します。

カウル装着したままとかで工夫すれば出来るらしいとかは無視。

急がば回れの精神で、確実性優先でゴザイマス。。。


ついでにEGオイル交換とフィルター交換を敢行する。

やはり、カウルがない方がやりやすいので吉でございます。


エンジン始動したらナニやら鼻に付く匂い・・・。

ラジエーターパイプ周辺からクーラントが若干漏れてる模様。

滲み程度だけど、過去からの漏れ痕も発見。

一旦クランプ交換で様子見ましょう。




 



交換する為に外したシールやメタル類。

ダストシールが緩くなってゴミや水分がオイルシール上に溜まり

シールストッパーリングが腐食して張力が無くなってる状態です。


余程の事が無い限り、走行中にオイルシールが抜ける事など無いですが

早め早めの対策が「安全性と走行性の両立」に繋がります。。。








この車体ではフォーク初管理なのでメタルも交換します。

まぁ、深い意味は無いです。

「全バラ清掃フル交換」っつー結果論が安心感を生むからね。

インナーやスプリングは問題無かったので無交換です、はい。



 

乱雑に見えますが、きちんと「L/R」に分けてます。

洗浄して、乾燥させて、組立の準備。






使用するフォークオイルはエルフ製のベースブレンド対応。

一口に「#10オイル」っつっても各オイルメーカー別に粘度が違う。

なので少し面倒でもベースオイルからの調合が都合良いんです。。。


「何処のメーカーが良いフォークオイル」ってのは特に無し。

セット変更するならば同一メーカーが基本ってだけで

「そのバイク屋の事情で異なっている」って感じよね。




 

ホイル周辺の回転系チェック。

メーターギア内部ってグリス切れる事多いからチェック。

オイルシールをそっと外して中確認。



 

ついでにタップリとグリス充填します。

グリス切れによるギアロックしたっつーオハナシはあまり聞きませんが

ワイヤーへの負担が強くてメーターワイヤートラブルとかは誘発するかも。

見ちゃったからこれも対策整備。



年式からすると概ね良好なD型ですが

スターター系のトラブルは忍び足で見え隠れだねぇ・・・。

リアサスもヘタってるので荷物乗せる連泊ツー前には

対策しておきたいポイントだよねぇ・・・。




ちょっと一息、車種変えてリフレッシュします。

本日はZRX1200のラジエーター交換プランの報告です。


一通りカスタム三昧の車両でゴザイマスが更なる高みへと。。。





現状でもプロト製の大型タイプへ変更されている冷却系ですが

さらなるキャパアップを図ります。。。


やっぱり~ビックなラウンドラジエーターっつったら





交換要員は勿論コレ、冷却系ラスボスアイテム。

「CBR1000RR対応・HRC製レースコア」でゴザイマス。。。


お陰様で昨年補充した在庫がコレにて完売です。。。

早いトコ補充しなきゃマズイよね。。。





で、通例通り「サクサクっと」加工致します。

加工場所は、ほぼお決まりの取付位置とパイプの位置。

アルミ交流TIG溶接にて「ビガ~ブブブッ」っとね。。。



R側の固定用ステーも新設ですね。

過去の事例を踏まえて位置加工、仮装着オッケイです。。。

さぁ、仕上げに参りましょう。。。




 

必須、耐圧リークチェック。

圧力掛けて、溶接加工箇所に洗剤水掛けてブクブクするか否か。

おぉ、一発合格にて気分よろし。。。



 水分蒸発させてから、優しくブラスト処理して下地調整します。

今回は艶消しペイント仕上げです。





おぉ、ブラックカッコイイ。。。

ペイント焼付してパイピングして冷却液入れてエア抜きオッケイ。

ストリート対応なのでファンも装着してます。






冷却性能が上がり、見た目の迫力もアップ。

今年の夏場が待ち遠しいアイテムでゴザイマス。。。




オーナー様お待たせ致しました。。。

足かけ二年のご依頼、ようやく完成でゴザイマス。。。

良い出来と自画自賛しております。


さぁ、良いイメージのままZEP750へ戻りますか・・・。
最近はお手軽価格なZRX1100シリーズ。

カスタム素材としては上等な年代でもありますので

純正の良い所をまずは確認して下さいな、と。。。




オイルシールからオイル漏れてるのを放置しても自然治癒しません。

早速オーバーホールして初期状態にリセットします。





今回の車体、走行距離が50000㎞弱。

結構な距離走行なので総合的な痛みが多い。

フォーク内部パーツもブッシュ系全て新品にします。






アウターもブラスト処理後、七分艶にてリペイント。

ナカナカな仕上がりに満足です。



おやつはピノ。



久しぶりのラッキーピノ☆

あと少しなのに難儀中デス・・・。




形状と容量のバランスがイマイチデス・・・。

実は試作三個目デス・・・。




未だ救いの神が降りて来ないデス・・・。

困ったデス・・・。





よ~し、キツネ祭り行って、元気貰うっぺかな。。。

MOSH'SH DEATH。。。
FフォークのOHがてら、ネジ山補修。

分解組立が続くと、ネジ山にストレス掛かって破損する場合が有ります。

その場で補修する為にボク等は手持ち道具を補完していく訳で

困った事もたまには起きないと逆に困る・・・。







インナーチューブには点サビが見受けられるので

次回のOH時には交換が望ましいです。





ブレンボ40㎜ピッチ対応のキャリサポ。

フォーク固定側のネジ山が結構痛んでいる。

適正トルクは掛かりましたが、嫌な感触なのも事実。

なので、今が補修時期っつ‐事でヘリサート処理。




M10の1.25P、収まり調節してオッケイでゴザイマス。


で、ヘリサート処理ついでに




ニッシン4Pキャリパーの補修も一緒に作業します。

ボクの手持ち4Pも在庫少なくなってきたので

使えそうな物を暇見て補修しましょうか、と。





ネジ山がグズグズになってます。

細目なのに並を突っ込んでしまった事例。




ヘリサート挿入前段階で一旦保留します。

くすんでいる本体を再アルマイト処理するからね。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools