SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5]
カバー無での放置期間が長かったせいか、ボディが非常に汚い。

素材の持っている「ツヤ」とか「シナリ」とかが足りていない気もするけど

日焼けで色が褪めてるのはボロくていやですね。

外ボディに関してはペイント補修なり新品交換でリフレッシュしますが

内カバー類はペイントはしたくないし、交換など持っての他でございます。



こんな時に使用するケミカルがワコーズのSH-R

未塗装樹脂へ対する耐久コート剤です。



ちょいちょいとヌリヌリしてツヤ復活でございます。



シリコン吹いた程度では維持できないのでケミカルコートして下さい。

これで暫くは大丈夫。
まずは油脂類の交換を済ませておきましょう。

で、ギアオイルの交換を行います。

使用するオイルはEPLのPL-201を奮発してみます。



ケース下部のドレンより排出したオイルは新車時からのモノなのかしら?

聞く所によりますと、台湾生産のこのバイクには

アタリハズレが非常に多いらしく、かなりやっかいらしい・・・。

ボクのは一応、ドレンから「ビチャッ」って出てきた。



エンジン用の2STオイルはインチキ臭い匂いがするので強制排出しました。

キンモクセイの香りやら、消しゴムの匂いやらが入り混じったホムセンキング。



コレはタンクから全抜きしてエルフのモトテック2XTに入れ替えです。

いやー、着々と進行している、ビー君の仕上げ作業。

仕事をサボッテル訳じゃあ無いですが、納品の都合で

三日連続の作業となってます。

おかげさまで、ある程度の目安が出来ましたので

一安心でございます。
走行距離は4000㌔台ですが機関、外装共に「下」でございます。

紫外線にやられている外装などは、リペイントする事になりますので

さっさとばらして状況確認の開始作業でございます。

フレーム周辺の汚れや痛みは、とても4000㌔台の車体とは思えません。

まぁ、国産車両と同等な劣化姿勢を求めてはいけないのも事実でして・・・。



仕事のスキを見計らって、チョットづつ補修することにします。



教訓

何事も横着してはいけないッちゅー事を今更ですが学んだ次第です。
前回のときに確認できたマニのひび割れを

新品と交換して対策します。



車載のままでは外れない位置にボルトがあるので

フレーム下からジャッキ固定し、エンジンマウント外し

エンジンずらしてからようやく交換完了です。



交換した部品、マニとエアクリジョイントパイプ

共に対策品(後期型)でした。

地味な改良には頭が下がる思いでございます。
珍しく一般整備・トラブルシューティングの類でございます。

ボクの散歩足、JOG坊ですが以前より走行中にストール癖が有りました。

一瞬のストールのみでしたので、多少のカブリ程度と認識していましたが

先日、同様のストール後、始動不良に陥りました。

まず、プラグ。

ばっちりと点火してますし、かぶりも見られません。

んじゃあ、薄汚れてるコキタナイキャブか・・・って事で

エアクリBOX外したらビンゴでした。

純正のフィルターがパッサパサで見る影も無い位に紛失?してます。



原因はフィルターのカスが吸い込まれたせいで

キャブからの混合気供給が一時的に断たれた・・・と。

黒いカスはフィルターの残骸でございます。

以前の一時的ストールもこの障害だと思うのですが

放置したせいで始動困難になったのはボクのせいですね。



まぁ、始動確認出来ましたので、補修部品を待つ間に

エンジン周りのメンテナンスや清掃をすることにします。

ひび割れたマニホールドや燃料ホース類、アクセルワイヤーを交換しましょう。
暦上、今日明日は平日なので、お役所へ登録など。

まず、シャリー106の登録で隣県へ。

天気が良いのでつられてJOG。

しかし、置場の下にヘンなシミ跡。

満タンだったガソリンは全部抜けてました。

乗りっぱ放置が多い原付ですが

やはり、地味に故障してきますね。

適当な燃料ホースを物色して臨時補修完了。

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・ZRX1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・GPX250
・XR250
・FTR250
・TDR80
・CF50シャリー
・ジョルカブ
ninja tools