SD-ALTIS
[1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690] [1689] [1688] [1687] [1686] [1685]
参加クラスは「HERCULES」。

車名は「TC-02」。

今年から新しい構想と共に車両制作のお手伝いをさせて頂きます。


クロスプレーンエンジン搭載のR1から色々と拝借して

オリジナルフレームに搭載する「ワンオフマシン」ですね。






車両自体は過去のTOTにも参加しているので

ご存じの方はいらっしゃると思います。

現状で係わっている方々の邪魔にならぬ様、地味に展開します。





目玉は同爆キャブ仕様。

あくまでも「TOTらしさ」を踏襲しましょうと。。。

その「らしさ」ってのが曖昧だから解釈に相違が生まれる・・・。

マナーともモラルとも若干違う「価値観」です。






年式違いの増量コアをステー加工にて装着。

同一車種用なので本体を無加工装着が理想でございます。

当初準備していた「加工済みHRCコア」は採用しませんでした。

冷却系部品は軽量で繊細な部品なので

「二度目三度目の追加工」は収集が着かなくなる場合が多いです。

なので、安全上使い回し加工は避けます。






でもって、「ハラショーレースペックサイレンサー」装着です。

既存でかなり規制の有る取回しですが、収まりが良くて何より。


キットラジエーターを避ける為のカウル加工や

カウルステーの修正、アンダーカウルステーの新設やらで

サーキット走行への対策兼、多少のアップデート完了。


「テイストに新しい文化を」がキーワード。

まだ、第一段階。

まだまだ継続しそうです。。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー