SD-ALTIS
[1692] [1691] [1690] [1689] [1688] [1687] [1686] [1685] [1684] [1683] [1682]
通常メンテナンスのご紹介。

元気一杯福山号ですが、経年劣化には勝てません。

今年のシーズンも沢山走るでしょうから

今出来る準備を、と。。。





フロントフォークOHとEGオイル交換です。


と、ついでにアラ探しでもしましょう。





フォーク抜くのにカウル外して作業します。

カウル装着したままとかで工夫すれば出来るらしいとかは無視。

急がば回れの精神で、確実性優先でゴザイマス。。。


ついでにEGオイル交換とフィルター交換を敢行する。

やはり、カウルがない方がやりやすいので吉でございます。


エンジン始動したらナニやら鼻に付く匂い・・・。

ラジエーターパイプ周辺からクーラントが若干漏れてる模様。

滲み程度だけど、過去からの漏れ痕も発見。

一旦クランプ交換で様子見ましょう。




 



交換する為に外したシールやメタル類。

ダストシールが緩くなってゴミや水分がオイルシール上に溜まり

シールストッパーリングが腐食して張力が無くなってる状態です。


余程の事が無い限り、走行中にオイルシールが抜ける事など無いですが

早め早めの対策が「安全性と走行性の両立」に繋がります。。。








この車体ではフォーク初管理なのでメタルも交換します。

まぁ、深い意味は無いです。

「全バラ清掃フル交換」っつー結果論が安心感を生むからね。

インナーやスプリングは問題無かったので無交換です、はい。



 

乱雑に見えますが、きちんと「L/R」に分けてます。

洗浄して、乾燥させて、組立の準備。






使用するフォークオイルはエルフ製のベースブレンド対応。

一口に「#10オイル」っつっても各オイルメーカー別に粘度が違う。

なので少し面倒でもベースオイルからの調合が都合良いんです。。。


「何処のメーカーが良いフォークオイル」ってのは特に無し。

セット変更するならば同一メーカーが基本ってだけで

「そのバイク屋の事情で異なっている」って感じよね。




 

ホイル周辺の回転系チェック。

メーターギア内部ってグリス切れる事多いからチェック。

オイルシールをそっと外して中確認。



 

ついでにタップリとグリス充填します。

グリス切れによるギアロックしたっつーオハナシはあまり聞きませんが

ワイヤーへの負担が強くてメーターワイヤートラブルとかは誘発するかも。

見ちゃったからこれも対策整備。



年式からすると概ね良好なD型ですが

スターター系のトラブルは忍び足で見え隠れだねぇ・・・。

リアサスもヘタってるので荷物乗せる連泊ツー前には

対策しておきたいポイントだよねぇ・・・。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー