SD-ALTIS
[1670] [1669] [1668] [1667] [1666] [1665] [1664] [1663] [1662] [1661] [1660]

牛歩戦術の如く、日々微妙に進歩しているZEP750リフレッシュ計画。

リア廻りはほぼオッケイ、無事に6インチ190化が済みました。

お次はフロント編のリポートとなります。



で、まずはメーターを交換する事に。

お馴染カーボン製スタックメーターパネルでございます。

今回のZEP750に採用する補器類は以下の通り。

・スタック製ST200 B13
・シフトインジケータランプ
・アクティブ製デジタルモニターV3スピード
・アクティブ製デジタルモニターV3レブ&テンプ

パネル採用時の鉄板配置となります。







パネル自体はZRX1100対応形状をベースにしてます。


 

配線もそれなりに補修済みです。

ただ、純正に対しての差込カプラや配線色に周期性はゴザイマセン。

純正メーター配線の方が色数多いので間引いたハーネスになっています。

勿論、メインハーネス側の配線も合わせて間引いて有りますので

この状態ですんなり結束できるように調整しています。

っつー事は、純正メーターの装着が出来ないっつーパターンなのです。

こういった潔さが吉なのね。



ネイキッドタイプの車両には砲弾型メーターがお似合いですが

ZEP750君にはガルクラフト製ビキニカウルを装着するので

しかも敢えてフレームマウントならではのチョイスなのです。






ステムフォーク類のフロント全般は、ZRX1100用を流用してます。

ステムシャフトの新規製作と打ち替えにてステム装着。

メインキーの位置が全然違うので、当然キーロックも無効になってしまう。

それじゃあ「DIY」なので最低限のキーロック出来るように

ストッパーやらロックベースやら色々と対策してみました。

一旦、位置関係の確認にて暫定終了でゴザイマス。。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー