SD-ALTIS
[1579] [1578] [1577] [1576] [1575] [1574] [1573] [1572] [1571] [1570] [1569]


ミナコ嬢のマシンをメンテ。

縁有って近場で乗り継いでいる車両らしいです。

中古車とはいえ素性次第で安心感は違いますからね。

現在走行距離9000キロちょい。

10マンキロ目前なので、ここいらで総合的にメンテでしょう、と。

つっても、やり出したらキリ無い作業なので

機関系と電装系は今回ムシして車体系のみに絞ります。



1995年式のN3型だから19歳ですかね。

女性ならば引手数多でしょうが

バイクじゃあ立派なご老体・・・。

愛着と比例する維持費に罪は有りませんので

上手くやりくりして頂いて、とね。。。


過去のオーナー達、それぞれがメンテナンスには気を使っていた車両。

その時その時の作業内容をきちんと把握できる状態だったので

メンテプランの工程作業には助かりますね。

細かい所は一通り整備交換してある様子だけど

足回りの重整備は行っていない模様なので

ソコを重点的に行ってみましょうと。


まずはリア廻りから。




スイングアーム外して清掃とベアリング交換。

 

チェーン軌道上の汚れは仕方ないッス。

 

スイングアームはサイレンサー外して脱着。

リンクベアリングも交換するのでエキパイも脱着。

ついでに、エンジン後部周辺の洗浄も出来るので

分解状態だからこそ適した作業を一気に行えて良しとします。






ベアリング類は全部交換しました。

今までよりも可動ストレスが皆無なので良い感じです。

お判り頂けると思っています、はい。。。




リアサスがヌケヌケだったので交換が必須。

新品はちょっと・・・なので中古を購入してオーバーホール。

サスOH作業は「テクニクス」にお願いしました。

ロッドを再メッキ処理して組み立てて頂きました。

それでも金額は純正新品の約半分なのでコスパ優れてます。

見た目は中古なのでチト汚いですが性能優先なのでオッケイ。


要は「ケースバイケース」なので導き方のバランスね。

なんでもかんでも「社外製品」って事でも無いんです。

この世の大半は「見た目重視」な風潮が強い。

チンプンカンプンな理屈も含めて仕方が無い事だらけ。

ソレで成り立ってる商売なのも悲しき事実だけど

本質が重要なのが大前提。

「伝える側の情報にも目を凝らす会」ご参加下さい。。。


答えは現場に有るので、まずは乗りましょうってね。。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー