SD-ALTIS
[1539] [1538] [1537] [1536] [1535] [1534] [1533] [1532] [1531] [1530] [1529]


練習用に位置付けてるエンジンが不調なので、チェックします。

本番用EGまでのツナギのハズが、余計に手間食ってる・・・。

この際、コレを本番EG風にしてしまうかも作戦。。。


今まで、キャブセットを変更しても変化無し。

点火系を交換しても変化無し。

じゃあ、動弁系でしょうと、ヘッドのOHです。

バルブシートカットと、摺合せ作業が主な作業。

車載からヘッドを外して、まずは洗浄から。

どの道、切削油まみれになりますが

カーボン落としや、状況確認の為にも

まずは一煮立ちさせて、と。。。

加工後に、もう一煮立ちでございます。。。



 

洗浄剤は水溶性を一煮立ち。

5㍑鍋で4回ほどのサイクル。

その際、業務用五徳は時間短縮に最適でございます。。。



 

都度、二基目の洗浄剤再利用なので、液が黒々としていますが

まだ洗浄力は残ってるのでドブ漬けして一晩放置します。





こうなるとなんか、腰下も気になってきた。

この際だから、クランク周りも手を付けたいけど

アレコレすると、原因の解明が難しいので

時間掛かるけど、一つ一つつぶしていきます。





一応、キャブもフルオーバーホールしてみます。

#2バルブがカタカタとうるさいのは何だろ?と。

#1.#3.#4もカタカタしてるけど、#2がいちばんウルサイ。

まぁ、#2が基準なんでね、他がズレテルって見解も有るから。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー