SD-ALTIS
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
絶好調のマッハくん。

日がなプラプラしてますが

先日信号待ちで急に二気筒になった。

「やはり来たか・・・」とトラブルを受け入れつつも

工場まですぐの距離なので騙し騙し帰れる安堵感の中

エンジンから異臭がする、ゴムが焼けた匂いが。


エンジン覗くとプラグキャップから煙が出てるよ。

ついプラグキャップ触ってしまったら感電した・・・。


だが煙の発生は終わって三気筒に戻った・・・。

また絶好調に戻った・・・。


「おっと火花がリークしてやがるぜ・・・」







会社に戻って三番プラグキャップ外したら

「おっとヘッドカバーが煤けてるぜ・・・」


どうやらこの場所に点火リークした模様。






ちなみにプラグキャップ確認したら

裏側に穴開いてる・・・。

ここから漏電してゴム焼けた匂いした訳ね。





 

是非とも今後の為にも確認しないといけません。

プラグキャップは差し込みじゃなくて

先端からズッポリ被ってる仕様。

ターミナルがハマる場所はコイルバネ状になってる。

そのコイルバネ、上下から挟むようにコードに刺さってる。

基本的に純正と同形状。


で、その刺さる場所からプラグキャップを通り抜けて

ヘッドフィン部分に通電リークした訳ね。


怖いね、このままじゃいつかまたリークする仕様・・・。






販売元のPMCさんちに電話して症状確認したけど

「初めての症状で・・・代替品送ります」との事。

対応が早くて何よりですけどね・・・。



新品交換しても同じ作りだから対策しない限り意味ない。

取敢えず暫定で絶縁処理を行っておいた。



ウチが初めての症例ならば今後もあり得るから

同様の事例が有ったら疑っても良いポイントかな?と。


二気筒になり点火しない原因をキャブ不調と捉えた場合

意味無い作業を繰り返し本末転倒となりかねない。

今回見たくコイルを新品に交換したばかりだから、と

疑いもしなかったら尚更、ドツボです。


同時に交換したCDIが故障してしまったとしても

保証は有りませんから怖いです・・・。


試乗はジェッペルで音と匂いに注意しながら。





 

こちらがPMC製リペアIGコイル。

ちなみに上の三個が代替品で早急対応して頂いた製品で

下の三個は今回使用した空き箱です。

上下共に気になるのが品番の末尾。

「S」と「L」ですがこれはコードの長さ。

マッハの場合一番と三番が「L」で二番が「S」ね。

知ってたらスマンネ・・・。

初めて購入したからついつい確認しちゃったのよ。




でまぁ、無事復活したけどこのプラグキャップ問題は

純正に多いねじ込み式に変えた方が良いと思います。

自分で解決策を講じるのもまた吉、でゴザイマス。。。
W650で問い合わせの多いのが「配線加工」の件。

ウチで多々施工する配線系カスタムの流れでゴザイマス。。。



ワタシも個人的に大好きなW650。

車体の個性を含めてカスタムベースとして人気が有り

多岐方面にわたるカスタム素材の人気車両ですね。


チョッパーボバーカフェと排除系カスタムに多用される

配線の間引き加工が本題。


シンプルにしたくなるのが常ですから当然の範疇です。

その中で一番多いのが例にもれず

「エンジンが始動しなくなりました」

です。


本来ならば車体預かりで確認する作業なんですが

単なる「現状確認前提」とゆう事で

加工済みのハーネスをお預かりしての内偵となります。







最初に申し上げると

「配線だけの状態」からトラブルシュートできる確率は

おおよそ80%程と認識ください。

加工者が「何をしたのか」が確認し辛いからデス・・・。

無責任に思われるかもしれませんけど

理解不能な無理難題が付き纏う事が多いのです。


ただ、過去の加工事例からデータを照らし合わせた上での

「ウチでの正解」と比較する事は出来ます。

そういった作業となります。



で、結論から申し上げますと

二箇所ほど結線違いが有りました。

ソコが原因で始動不良なのかは判断しかねますが

車体が無い以上、これ以上の内偵は出来ませんので

一旦様子を見て頂く事しか方法は無いです。




ではココから余談。

作業内容報告となります。





単線の繋部分がモコモコしてるからテープ剥がしてみたら

こんな繋端子があるんですね、初見です。


私的にはハンダ処理してシンプルに細く仕上げ直します。







ゴツゴツした塊が有ったのでテープ剥がしてみたら

アース線の塊、圧着端子で纏めてありますね・・・。

この場合は全部新規で通した方が楽で良いですが

オーナーさんの頑張りを全否定するのも気が引けるので

これは見なかった事にします・・・・。







+線、流石にココは手直させて頂きました。

見た目も処理もこのままだと良くないです。

短絡トラブルを防ぐ為にもきちんと結束絶縁します。





 

純正ジャンクションボックスは撤去します・・・。

各種サーキットリレーを廃止してダイレクト管理に。

ヒューズボックスも小型にします。







なんだかんだで交換した端子類とカットした配線。

その分、シンプルに素直になったと思います。

まぁ、「取り替えました」アピールでゴザイマス。

他意はゴザイマセン。









交換したヒューズボックス。

ヒューズ管理ラベルを書き直して終了。



無事エンジンが掛かると良いけど・・・。

ダメだったら車体預かって徹底究明したいと思います。
エンジンの始動は難なく行えるようになった。

次にチェックするのは発電系。

エンジン始動時の発生電圧を確認してみると

やや不安定になる。

後々の対策ならば今やってしまおうと

レギュレーター交換します。







H2対応だけどボルトオンじゃないので

きちんと固定できるステーを制作します。






純正レギュと同位置に配置する事にします。

スペースは結構有るので楽勝でしょう。。。






脳内図面を形にします。

っつってもアルミ板をカットして穴開けるだけ。

90度に曲げるよりも溶接仕上げにします。







で、こう装着する。

脱着性も考慮してる。

冷却性も考慮してる。






参考までに完成形がコレ。

放熱性重視軽量タイプです。

取付ピッチは55㎜です。



実はMFバッテリー対応レギュを準備していましたが

なんでか知らないけどウチのマッハくんのジェネとの

相性がいまいちなのか不安定な数値になる?

MF対応レギュの不具合も想定するのが常なので

販売元に確認してもらったけど問題無いらしい・・・。

違う物を送ってくれるならもう一度確認するけど

同じものを再度送るというのでキャンセルした次第。

余計な出費が発生しただけの無駄なやり取りでした。


まぁ、元気なんで良しとします。。。
初期型72年式。

私と同級生?っつー事かね・・・。


不動状態で入庫しましたが無事復活。

始動トラブル全般は「燃料と電気」をベースに

追い込んでいけば何とかなる場合がほとんど。


今回は電気一択だったので点火系の部品調達が主。

だがSSシリーズの場合、その部品収集が明暗を分ける。

今回は上手い事ハマった感が有ります

概ね作戦成功となりました。。。





キック一発で始動するマッハ君。

このご時世、毎日ブラブラしてる。

なんか「バイクって楽しいね」、と。。。


うん、ブレーキ強化とチャンバーが欲しいな。。。


皆様、悔いの無い人生を。。。

ダラダラしてて無駄に長いKIT物を

スタイリッシュにまとめる作戦。


カウルのフレームマウント化による弊害?

各種部品との兼ね合いが透明化されたので

より良い配置が改善策となるパターン。








現状はこんな感じ。

わざと車外に取り出してるから尚更変に見える。


あくまでも個人的な主観ですが

・アルマイトフィッティングが似合わない。

・KIT物なので取り回しが無駄に長い。


と、まぁ、さんざん言ってますけど

「性能が悪い訳じゃなくてあくまで主観」と。

アルマー派閥の方々へフォローしておきます。


*アルマー派とは
アルマイト仕上げを好んで使用する人々の総称





 

よくあるダイレクト装着にはしません。

個人的には純正風取り回しが一番シンプルで好み。


車体に合わせたフィット感最高です。。。







セパレーターは取付ステーを新設して装着。

ホース中間部分をダラダラさせない為。


使用したホース類は全部グッドリッジ製。

オールステンでとてもシンプル形状。


寸法をきちんと合わせてキッチリ取り付ける。

やはり「シンプルイズベスト」である、と。。。


キャリパーもOHしてパッドも交換。

AP特有の鳴きはコレで一旦解決します。
ベースモデルは当社製品の「type-R」

サイドカットライン変更で試した所

うまい具合にフィットしました。


今後Zにはコレで行こう。。。







Z系のフレームにフィットしたので

J系でも試してみようと思います。




 

実は試作カーボン製。

ストリートでの使用意図は見栄え重視で。。。
使用するメーターはエースウェル製品。

ACE-6000を使用します(以下6000)。

コンパクトで良く出来ている多機能メーターです。


メーターカスタムは当社において重要な位置を占めていますので

今回もスマートな取付を目標に、ドヤってみます。。。






この手の汎用製品において注意する点として

配線合わせが出来ていれば技術点はクリア。

きちんと設定する事で完璧に機能させる事が重要。


取付方法などは構成点として主観性が強いので

個人で好きにすればいいでしょう。。。


ウチの場合、ソコを拘るのが主旨主張なので

あくまでもカーボンパネル仕様になります。。。。






一旦、仮装着して配線の関係性を見出します。

6000は防水カプラを採用しています。

カプラ自体ちょっと大きく、悪い意味で邪魔。

配線は長めに設定されてて加工自由度は高く吉。。。


はい、スマートに処理します。







配線処理するので単体にて加工開始します。

ちなみにメーターの配置ですが

追加でヨシムラ製油温計を設定します。

6000自体に内蔵されてる温度計も有りますが

カウル内でのバランスと見栄え重視で同時装着。。。


結果、素敵なバランスだと自画自賛。。。







だがしかし、大きい防水カプラ・・・。

ちょっとだけ収まりに悩む方向なのです・・・。


有難い設定なんですが、この際新設する事にします。


加工は自己責任でね。。。







で、こうしました。

やはり、シンプルが一番。。。


(あくまでも自己責任でおなしゃす。。。)







仮装着して通電チェックオッケイ。

これから各種設定します。


説明書には細かくびっしり書いてありますが

まずは取り急ぎ、初期設定だけでもいいかな。

時間とスピードギア比設定とシフトタイミング。







6000では電気式になるスピードとタコ。

回転パルスはダイナ2000から取りますが

スピードの場合は画像の付属センサーを用います。

しかし、そのまま接続しただけだと表示に誤差が出る。

(ギア比の関係上仕方のない事です)

なので説明書に従って速度の設定変更しないと

異次元なスピードで走ってる風な車載動画みたくなる。

大人なんですから、キレテル演出は程々にしましょう。


まぁ、実速値と違う表示に得は無いので

きちんと設定しましょう。。。
ようやく形になったステーキット。

レース対応品とはいえ公道走行も可能な状態でなければ、と。

車検取得可能な状態にはなりますが

あくまでも取付加工前提のプロパーツ。

なので諸々とご理解の程を。。。




現在の位置関係はオーナー希望90%となっております。

斜め前からだと違和感ないですね(多分・・・


 

個人的には画像状態より車体側へ20㎜、下側に20㎜かな?と。


現在の位置関係の数値を基準にして製品版へ反映します。

ただし、ある程度はステー制作時に変更可能になります。

まぁ、取付加工時に調整可能なんで問題無いと判断してます。





希少価値のある車体に溶接を施す事を避ける傾向にある昨今。

ちょっと勇気のいるカスタムパーツでゴザイマスが

人生一度きりなので今の内に理想のオートバイライフを。。。


まだストリートに生息してない希少個体車種

【Z1Rフレームマウント仕様】

このタイミングでどうですか?



 

形状はこんな感じ。

途中途中で変更は有ると思いますが

初期作品の方が気合入ってる定期。。。


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー