SD-ALTIS
[583] [582] [581] [580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573]
出来る男には必須作業として認知されてきましたね(狭い界隈ですが・・・)。

メリットを見出すのでは無く、結果的に「そうせざるを得ない」選択として

ウチでの作業割合では、約30%位の占有率な「配線加工」です。

まっ、性能アップには直結しづらい地味な是正作業なんですが

避けては通れない「対策」ですので、しっかりじっくり対応します。




①ライトケースの中は、カプラと配線が「ギッシリ」詰め込まれてます。

指向癖と、配線硬化は紙一重に等しいですので、要チェックです。



②エンジン周辺の配線は、熱の影響で「カッチカチ」の脱脂状態と

テープ糊だらけの「ベッタベタ」な粘着状態になっているのが通例ですね。



③特にヒドイのが、ジェネレーターの配線ですね・・・。

動脈硬化みたいな状態で「断線」一歩手前ってとこっスカね。

一部、コゲちゃってるしね・・・。



④まずは汚い配線を丸洗いして、小綺麗にしてから「ムキムキ確認」でございます。



⑤ざっと確認したところ、新規製作するほどの痛みは見当たらないので

エコに現状ベースとして、手直ししたいと思います。。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー