SD-ALTIS
[1562] [1561] [1560] [1559] [1558] [1557] [1556] [1555] [1554] [1553] [1552]
以前から車両持込み加工で製作していた作業です。

「市販化」っつー訳じゃ無いですけど上手く対策してみます。

っつーか、対策予定っつーかね・・・。





採用するラジエーターはHRCのレースキットパーツ。

CBR1000RR/RK対応ラジエーターです。

HRC製だからスゲー冷える訳じゃ無いですが

「良く冷える」と評判の一品です。


大は小を兼ねる作戦がお好みなのは共通意識。

市販されてる「ボルトオン冷却系」では最大サイズじゃないかしらね。

ただ、取回しや取付位置によって追加工は必須です。

箱開けて「お手軽ボルトオン」じゃあ無いです。

まぁ、当然ちゃあ当然。

狭苦しい所に倍以上の容量を押し込むのだから

かなりの規制が有って当然と認識下さい。

まっ、「男カワサキ乗り」な皆様には余計ですかね。。。

「装着優先で!」っつーお言葉が聞こえてらっしゃります・・・。





市販系コアでは最大サイズでしょう。

一応、HRC製品は一般入手不可能なのでちょいレアアイテムね。

外国製のJSBやらSBやら対応のコア製品は25万円位しますから

このHRC製は国産で素晴らしいポテンシャルを秘めてる素材です。

各種サードパーティ製品のボルトオンビックラジエーターキットよりも

コア容量が有るので冷却力は増しますね。


完成価格として、¥150000-前後を目安にしています。

大手販売店様との兼ね合い含めて右に倣わさせて頂きます。

ご理解の程、宜しくお願い致します。


取敢えず、年明けにはきちんとご紹介出来るように

頑張ってみますので、以後お見知りおきを。。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー