SD-ALTIS
[1541] [1540] [1539] [1538] [1537] [1536] [1535] [1534] [1533] [1532] [1531]


不調の原因として、バルブ廻りの整備も考慮します。

簡易的にバルブ摺合せして、当たり面の確認すると

均一じゃ無く、線になっていない。

では、シートカットして補正しましょう。


 

で、サクッと終了。

中々いい感じに仕上がりました。


組み込む前に、もう一度洗浄します。




今度は新品の洗浄液で溝付け洗浄します。

お湯の温度は70°前後で洗浄剤を溶かしていきます。




30分もすると、汚れが溶け出してきました。

やはり新品の洗浄剤はパワフルです。

今後はこの洗浄剤に頑張って頂きましょう。。。




バルブもバッチリです。

鏡面仕上げにはしませんが、軽くサンディングして使用します。



で、「ササッとヘッド組み上げて練習だ」なんて思っていましたが

そんなに甘くないのは、厄年ならでは・・・。

あぁぁ・・・・マイッタ・・・。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー