SD-ALTIS
[1421] [1420] [1419] [1418] [1417] [1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411]

お陰様で、ご贔屓に扱って頂く機会が多い「メーターパネルシリーズ」でございます。

製品の追加加工内容についてちょっとした補足を

GPZ900R対応スタックパネルを参考例にしてみます。


その①


・900R対応STDパネル ¥24800-
カーボンパネルと専用のアルミステーとのセット。
スタック製タコメーターの穴だけ開いている状態です

・穴あけ加工(補器類) @3150x2 ¥6300-
油温計や水温計、デジタルメーターなどの表示機器を設置する為の穴あけ加工。
主に、上側のパネルに施工する事が多い作業です。

・穴あけ加工(表示SW類) @315x2 ¥630
スタックの設定スイッチやシフトセンサー、各種インジケーター類の取付穴。
上下のパネル貫通穴になる事が多いので、位置合わせに注意する作業です。

・補器類ベースプレート追加加工 @3150
追加補器類の高さが低い場合、パネル下部に設置する(ゲタ)の事です。
現物合わせで、厚みのあるスポンジ等を代替えする場合が多い対策です。
*その①パネルでは施工していない加工です。

その①合計金額は ¥31730- となります。



続いて、その②


・900R対応STDパネル ¥24800-
カーボンパネルと専用のアルミステーとのセット。
スタック製タコメーターの穴だけ開いている状態です

・穴あけ加工(補器類) @3150x3 ¥9450-
油温計や水温計、デジタルメーターなどの表示機器を設置する為の穴あけ加工。
主に、上側のパネルに施工する事が多い作業です。

・穴あけ加工(表示SW類) @315x2 ¥630
スタックの設定スイッチやシフトセンサー、各種インジケーター類の取付穴。
上下のパネル貫通穴になる事が多いので、位置合わせに注意する作業です。

・補器類ベースプレート追加加工 @3150
追加補器類の高さが低い場合、パネル下部に設置する(ゲタ)の事です。
現物合わせで、厚みのあるスポンジ等を代替えする場合が多い対策です。
*その②パネルでは施工していない加工です。

・ベースプレート形状変更加工 @6300~
STDパネルをベースとして、使用する補器類などの配置加工を基本とした場合
デザイン変更含め、追加料金が発生しないシステムとなっていますが
補器類を3個以上設置したりする場合には、プレートのサイズ変更が必須となります。
その場合、デザイン変更が全体的に必要な作業となりますので
カーボンプレートの変更と専用ステーの形状変更に対応する作業です。
*その②パネルでは適用されます。

その②合計金額は ¥41180- となります。


一例として、ご参考下さい。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー