SD-ALTIS
[595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585]
なるべくシンプルな仕組みにするべく

システムの再構築中なんですが、燃料系の考察により

純正の電磁ポンプは撤去の方向で進行します。



①キャブ仕様に変更、ガソリン流量の確保は重力式でも確保出来るので

インタンク式ポンプを外して、アルミ製のメクラ蓋を装着。

味も素っ気もない外観ですが、機能優先名目での試作です。

燃料コックの装着は出来ない形状ですので、燃料の取り出しは

タンク後部にある「ポンプへの取り入れ口」から直接キャブレターへ

「ワンタッチコネクター」を介して繋いでいます。

「ガソリンをキチンと止める」っちゅー確実性に関しては

コックで規制している場合に劣ると思いますが

キチンとした整備の上で、トラブル回避の対策に留意しましょう。



②ゼンブで5枚制作したので、残り4枚有ります。

「取り合えず、蓋の代わりにポンプが装着されたままで未使用中」

ってな場合のヒトにどーでしょう?シンプルになりますよ、タンクの下が・・・。

2008年11月23日のエントリー紹介から、16ヶ月経過していますね・・・。

放置プレーでしたが「せっかく制作したので紹介告知をしたいな」と

残りの4枚ががどっかにいっちゃったので発見次第、改めて紹介いたします。


あっ、インナータンクの制作もしますので「純正タンク使用中」な場合の

便利アイテムとして認識くだされば幸いでございます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー