SD-ALTIS
[576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [565]
昨年よりニンジャレーサーで「テイスト参戦」の「まるてつ選手」でございます。

前身は「アリス号」ですが、今季より改めまして「まるてつ号」でございます。



①昨年、物凄い短期間で「純レーサー風」へ変貌させましたが

突貫的作業もチラホラ見え隠れしているのも否めません。

春までに見直し出来る事はしておくつもりで、準備していたんですが

幸先良く?「エンジンが始動しない」との連絡を頂きまして

それはそれで予定通り、早速シューティング開始しましょう、と。



②レーシングハーネスなので、キルスイッチにて「オン・オフ」制御していますが

「オン」状態ではセルが回るだけで、点火システムは沈黙してます。

各種インジケーターも点灯していない状態です。

点火システムは「ダイナ2000・対策ver」ですが、過去に失った信用を

再確認すべく、実働ダイナシステムと入替えてみても沈黙です。

「んじゃあ、メインの+線が断線してるべ、多分」って事で

8割方の確信を持った上で、ハーネスを解して見たものの

「自分で製作した物が、このタイミングでトラブル引き起こすかね?~・・・」

と、半信半疑ながら、ハーネスには異常なし(さすが、オレ・・・)。

ってーと、後はスイッチボックスですな、ってビンゴでございました。



③+線の分岐部分が切れてたせいで、通電不良だったっちゅートラブルです。

このリードは「スイッチ・オン」で、補器類と点火リレーへ繋がる線ですので

トラブルと照らし合わせても間違いなく、対策出来ました。



④ついでに、フューエルホースも硬化してるカチカチなままですし

取り回しもヘナチョコなので、強制的に修正の刑でございます。

レーサーたる物、ムダを省いた機能美を醸し出さなければイケマセン。



⑤ウチのオリジナルキャッチタンクも収まり良くて機能的です。

小型MFバッテリーに対応してケースも制作している次第でございます。



⑥昨年預かった時点では、ネジ山がナメかかっていたタンク固定ボルトですが

今じゃあ、ほぼナメテるに等しい有様なので、修正しましょう。



⑦⑧こういった場合には、二箇所共対策しちゃうのが筋ですね。

さて、次の作業に移りましょう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー