SD-ALTIS
[476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466]
ダイマグホイル内のベアリングチェックを兼ねた回転軸の確認です。


フロントホイルベアリングの交換で分解したアクスル廻りです。

ベアリングはゴリゴリした感触なんで要交換ですね。



リアも同じく分解してみました。

両サイドの圧入カラーに若干の痛みが有りますが

アルマイトリペアでして、再使用します。



インナー・ディスタンスカラーのサイド鍔が、簡単に取れてしまいます。

もしかして、最初にチェックした時のホイル内で「カラカラ」していた

ホットボンドの塊は、コレの固定に使用していたのかな?って推測です。

再使用について、ベアリング左右からの圧力でズレル事は無いので

圧入作業を慎重に行ってさえいれば、問題なしと見解します。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー