SD-ALTIS
[469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459]
あまり、雑誌媒体に登場する事が少ない当社【SDA】でございますので

手掛けている車両の報告など、疎かになっていると思います。

この車両、#75アライノリオ仕様車でございますが

来年はガラリとイメチェン予定ですので

ココらへんで今年度仕様の最終報告とさせて頂きます。


まずは外観編としまして、「第一印象は見た目」でございます。

外装は全て販売中の当社既製品(チョットだけ特別仕様)です。



改造範囲は他の草レーサーと比べますと、その範囲は結構狭く

「取り合えず交換しましょう」的な盆栽ストリート系とは

一線を引いたカスタム内容にて展開してまいりました。

実際は「予算的に厳しい」が正解ですけど・・・。


・アンダーカウル GSF1200対応 ¥29800- FRP仕様。



脱着整備の多いサーキット走行やレース準備に備える為にダウンチューブへ

取付部分を直装備させる事で、位置・装備固定と走行強度を優先しています。


・シングルシート ¥39800- FRP仕様。
(テールランプ埋め込み加工は別途作業)

・専用インナーフェンダー ¥16800- FRP仕様



カタカナのフルネーム表記には賛否両論でございますが

他の追従を許さないデザインにて、オリジナリティを確立。

「告知できる勇気がキミにはあるのかい?」シリーズ。

まぁ、ちょっとした自己表現でございます。


・汎用NKカウル ¥19800- FRP仕様



車体元がSベースなのでカウル固定用ステーが設置済みの後期フレームです。

その取付部分に、アルミ製ワンオフステーを制作することで

ステム固定式汎用カウル(ゼッケンプレート)仕様となっています。

このステーには「カウルステー」としての機能の他に

メーターステーとステダンステーとが、兼ね備わっています。

全装備を機能的に配置する為には、現車合わせ作業が必須ですので

おいそれと手に入るアイテムじゃあ無いのが特別チックですね。



無数の「サンクチャってる」仕様なカウルステー。

振動でクラックが入る強度実験がしたかったのですが

思いの他、設計がしっかりし過ぎていた為に

ある意味、失敗作なカウルステー。

{「サンクチャる」とは軽量化の為の穴あけ加工の通称。元祖は「POPる」。}


・スタック用メーターパネル P-2型応用 ¥14800-

追加工(補器類設置部分加工2箇所)¥3150x2 ¥6300-

機能的で素敵なパネルなのは当然の如く、艶かしい情景でございます。



スタックメーターはST200・絶版オレンジ指針タイプ。

ブラックパネルにはオレンジの方が似合うのにねぇ・・・。


次回、機関部にて。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー