SD-ALTIS
[1565] [1564] [1563] [1562] [1561] [1560] [1559] [1558] [1557] [1556] [1555]


採用したのはお馴染み「ハラショー・スクリーマー」

センターパイプの加工とサイレンサーステー製作をご報告です。




某社製フルチタンが装着済みです。

センターパイプは加工流用しますので、サイレンサーを抜きますが

これがビクともしない・・・。

潤滑系ケミカルを差込口に吹付けながらサイレンサーのフチを

軽く木槌で叩く作業を30分以上、画像位(約5㎜)出てきた・・・。

アルミボディなので強く叩くと変形する柔さが裏目で

勢い良く作業出来ないもどかしさですね。

外したサイレンサーもお客様の財産ですので

なるべくは無傷でお返ししたいので、仕方ないです・・・。





結局、一時間程度地道にコンコンしてようやく分離できました。

こういったトラブルは他社製でも非常に多いです。

原因は想像通り異種金属固着っつーか電蝕っつーかね。

難しい事は良く解んないですが、カジッテマス。。。

散々吹付けた潤滑剤はドコ行ったの?って状態。



 

エキゾースト系はカジリ易いので必ずカッパー系グリス付ける。

本来ネジ部に適用する作法ですが、パイプ同士にも効きます。

工具箱に有って当然のケミカルなので、必須対策と認識下さい。




今回は既存のセンターパイプを100㎜程度詰めてセットしました。

別にショート加工しないで、そのまま装着しても良いんです。

ですが、見た目も重要って事で対応致しました。

折角良い商品装着するのに「取換えただけ」で済めば良いですけど

そうじゃない場合は、追加工が必須と認識下さい。

それによって、立派なオリジナリティも確立されますしね。。。





で最近は、納車前の一磨きにプレクサスを使用。

今までは某社のナンチャラコートを使用していましたが

色々と大人の事情で鞍替えしてみたっつー事でして・・・。


気になる効果は同等ですかね。

どちらが優れてるともはっきり断定できないっつー感じです。

ただ匂いが好きじゃない・・・。

「ん?オジサン居た?」っつー匂い・・・。

これは加齢臭ですね、モロ。

自分から発散してきたのかな?と思わずドッキリでした・・・。


オジサンにとってとてもナイーブな問題なのです。。。

マイボディスメル、まだ大丈夫だけどさ・・・。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
アルミの奴はバーナーで炙ると外し易いですじゃゴホゴホ
老職人 2013/12/21(Sat)01:05:33 編集
Re:老職人選手
おっと、すっかり忘れていました・・・。
ご指南、有難う御座います。。。。
次回、試してみます。。。
sda 2013/12/21(Sat)19:29:30 編集
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー