SD-ALTIS
[1505] [1504] [1503] [1502] [1501] [1500] [1499] [1498] [1497] [1496] [1495]


GSF1200の純正キャブオーバーホールと

純正シートのアンコ抜き加工と、オイル交換。


アイドリング付近の安定性に、少し欠ける。

軽くPS合わせると、症状は良くなりましたので

スロー系の再調整でイケるのでは、と。。。




本体は薄汚れていますが、中の汚れは少ないですね。

作動性も良いので、全バラ調整はしないでオッケイ。

念の為、ゴム類やパッキン類を交換しておきます。




負圧も合わせて、アイドリングからの吹け上がりは

鋭くなりました。。。

何事も、適度な調整が延命の鍵なのです。。。





マフラーはストライカー製、4-1風仕切り版入り4-2-1SUS。

#1エキパイ抜いて、エレメント交換します。





純正シートのアンコ抜き作業。

GSFのSTDシートって、ポジションが落ち着かない、と思う。

前にズレルっちゅーか、移動し辛いっちゅーかね・・・。

だから、真中を重点的に抜いて、平らな部分を設けましょう。

足付き性も考慮しての加工なので、安定すると思います。


いやいや、久しぶりの「GSF1200純正車両」でした。。。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー