SD-ALTIS
[1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245] [1244] [1243]


午前中は暑い位で、温度も高かったですが

午後になって幾分落ち着いてきたっちゅーか、温度も安定です。

曇り空だけど、雨は降りそうもないので安心出来る条件。

車体の基本セットも特に変更なく、各部の点検で準備オッケイです。
 
124.JPG

F-ゼロ決勝前のクラスで、転倒オイル流出による赤旗中断で

ライダー個人のメンタルに差が出たかな?って思ってます・・・。


#75号車、予選は3番手で、一列目スタートの好条件。

悪くないスタートで1コーナーに進入したと思ってたけど

オープニングラップは4番手で戻ってきたかな?


174.JPG

まぁ、自分らに都合よく進むことも無く、かといって大波乱も無く

淡々と周回を重ねて、サラッとフィニッシュな決勝でゴザイマシタ・・・。

「安定してた」って言い方も間違っていないけどね・・・。

181.JPG

決勝5位フィニッシュ

ベストラップ「1'02,615]

一応、お立ち台。


188.JPG


予選タイムがパーソナルベストだったので、決勝にも欲が出てしまいましたが

大きなトラブルも無く、一応は結果が出ましたので良かったのではないかな、と。。。


ベストタイム更新は、練習の成果だと思いますし

安定した車体も、きちんとしたメンテナンスの賜物です。

「条件次第」ってのも罰当たりですが、準備は出来ていましたからね。。。

まぁ今回を経て、立派な「1秒台ライダー」でございますので

F-ゼロクラスの常連ライダーさんに邪魔されない位になったかな?ノリオ選手も。。。



193.JPG


昨年の前回大会は、決勝レインコンディションで2位の表彰台でした。

普段の練習が効いていたのか、レインが得意なのかは本人次第ですが

ドライコンディションでの表彰台が目標だった今回のテイスト。

立派に目標達成でございます。


他の参加者皆同じ土俵、技術の多かれ少なかれは有りますが

ハートの部分「悔しい気持ち」が無いと、次には繋がりませんよね。

「参加するだけでいい」なんて思ってるヒトは、結果もそれなりです。

向上心が伝わってくると、ボクも真摯に受け止めさせて頂きます、はい。


この先、しっかり見える位置にある「目標」が確認できた所で

ようやく「挑戦者」と呼んでもいいんじゃない?

取敢えず、外装を青くする事で決意表明かな。。。

 




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー