SD-ALTIS
[1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245] [1244] [1243] [1242]
036.JPG

まずはF-ゼロクラス予選。

#75号車、一番前列から開始。

画像はホームストレート。

#33号車はFZ750レーサーのササキ選手@RTドッグファイト。

今回が初参加、次回の参加時には少しだけお手伝いさせて頂きますかね。。。

しかし、FZ750レーサーも増えましたねぇ。。。

ウチのオリジナル外装を装着されてるFZ750参加車両は

上記#33号車と、HER#78号車のビーワンさんちのレーサーかな?

FZ会の方々も沢山いらして、判断できませんでしたが

何気に好きなバイクなので、うれしい限りです。。。

045.JPG

でもって、予選にベストタイム更新した#75アライノリオレーシング。

実力でもぎ取った、ドライコンディションでの予選三位。

ベストタイムは「1'01,588」。

今までより1秒以上短縮したのかな?

このタイム領域で縮まる単位じゃない気がするけど

練習は裏切りません、一応実力ですね。。。

練習で出来ない事は、本番でも出来ませんから。。。

条件が揃えば、到達想定していたタイムなので、驚きはしませんが

ライダーが一つ殻を破ったおかげで、リアルに実感は出来ました。。。

しかし、いきなりの一秒以上の短縮だと、走行の感覚が付いていきませんから

とっとと予選を切り上げて、落ち着かせる作戦ね。。。

いやいや、この時点で良い結果と安心してしまったのが吉なのかどーだか・・・。


051.JPG

次はHERクラスの予選。

#51コーイチ選手、朝から飄々とした感じで何ともいい感じに見えたけど

結構、確信が有ったのかもね(後付けでスミマセンけどね・・・)。

画像は珍しいスリーショット。

左が三友メカで、真中にホームストレート走行中のコーイチ選手で、右にボク。

このタマタマ感がイーネ、フクヤマキャメラマン。


054.JPG

060.JPG

予選タイム、「59,191]。

素晴らしいタイムで、二番手グリッド確保でございます。

どーゆー気持ちで走ってるかなんて、ボクには判りませんので

この辺のライダー目線のオハナシはコチラで確認くださいね。

想定内のタイムっつーことで、盤石と申しましょうか。。。

車体的にも、ネガはツブシテありますので、トラブル出ないハズ・・・。

頼むよ、決勝・・・っつー気持ちで信じましょうかね。。。


まぁ、ひとまず二台共に決勝は一列目ゲットなのも素晴らしい。

今日は非常に条件が宜しい。

予想以上に暑いので、メシ食うべって感じ。

テント内でも、特にやる事もない。

少ない台数だと気が楽です。


次、決勝らへん編で。。。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー