SD-ALTIS
[1] [2]



リアホイルの重点も確認します。

エアバルブ位置より160°位ずれてる。

無駄じゃないんですよ、ホイル単体の重点計測もね。。。

せっかく軽量ホイルを装着するのに、無駄なウェイト張るのもねぇ。。。




外したマルケのハブダンパー、カラカラになったろうそく見たくなってた。

純正のスクエアダンパーはまだ入手出来るので、後々オッケイ。

ナイスタイミングでの交換ですね、ある意味。。。




リアブレーキも一式交換されていまして、戦闘力アップしています。

が、トルクロッド固定ボルトサイズ合っていませんので是正します。

ボルト径、Φ10→Φ8へ変換カラー使って、ガタ無く固定にて。




トルクロッドのスイングアーム側固定ボルトの、なんか変な様子・・・。

ボルトとスペーサーカラーの隙間調節に、ビニテ活躍っす・・・。

これね、まずいね。

ちゃんとしとくね。



で、完成画像取るの忘れたので、これにて終了です。


カスタムされた中古車両購入時に思う事。

車両自体の程度が一番重要ですが

「カスタム内容の把握」

これに尽きます。。。

「カスタム部品付いててラッキー」、と思いきや

純正状態の方がはるかにマシな場合が多い事もシバシバね。。。

今回のハヤブーみたく、良い事が続くとも限らないので

失敗するリスクも考慮したほうがいいかもよ・・・。



ハヤブーホイル交換でございます。。。

現状でマルケのM10Rが装着されてますが、BSTカーボンへ。

ブルジョアな匂いがプンプンですが、質実剛健なのです。




相変わらず、お軽いホイルでございます。。。

まずは、フロントホイルの交換準備として、採寸作業から。


装着は、「単なるホイル交換作業でオッケイ風」なんですが

Fフォークが交換されてますので、寸法等要チェックなのです。

フォークはオーリンズだけど、ハヤブー専用だかどうだか不明な製品。

一昔前に、ステムから一式専用販売されていた事例は有りますが

いかんせん経緯が不明なので、現状の取付状況確認から始めます。

でまぁ、ホイルの個体差っつーか、実測で数ミリ寸法が違う。

その差は、手持ちのシムで調整可能なのは幸いでゴザイマス・・・。

このように、全バラしての実測確認には、数時間の作業を要しますが

一通り調べた上で、「オッケイ、このまま作業継続しましょう」との判断と

「まっ、同じだろうから進めちゃうべ」と短絡的に作業を行ったとしても

同じ結果になったであろう、「結果論」でゴザイマスが

場合によっては、アクスル周辺の加工が必要なので大事を覚悟しての

「大事の前の小事」作業なんです、はい。。。




キャリパーは、ブレンボラジアル。

ピストンの出幅が左右で、チト違う。

影響は無いけど、出来れば揃えたい。

BSTに代えたらシム調整します。




タイヤ装着する前に、ホイル単体での重点測定。

フロントはバルブ位置から20度ほどずれてる。

ソコにマーキングして、タイヤの軽点と合わせましょう。

ただ、使用するタイヤはマルケに装着しているタイヤを移設なので

形式上は、「中古タイヤの再脱着」となります。


懸念していたフロントホイル装着は、検証の結果上手くいきましたと。

つぎ、リアホイル交換です。

ETC接続したり、スプロケ交換して納車です。

体調もすっかり良くなったので頑張りましょう。

遅れたスケジュールは基本的に戻せないと思っているので

段取り良く、体調管理しつつ、チャッチャと進行いたします。






②デイトナさんちのエンジンプロテクターを装着。



③前後のスプロケ・チェーンは「新品交換して~の納車整備」なRBさん。

太っ腹な対応には頭が下がる思いでございます。

が、ゲル選手はギア比の変更を申しておりますゆえに交換いたします。

純正の17Tから16Tへショート設定への変更です。

外した新品のFスプロケは、今後のセッティングパーツとして保管です。

交換するFスプロケはサンスター製の16Tをご用意致しました。



④ちょっと疑問・・・。

外した「新品交換した17Tスプロケ」ですが

ボクには「ん?」な固定方法・・・。

最近の車両に触れる事の少ない僕は時代遅れなのでしょうか・・・。

今は「ロックワッシャー固定」しないのか・・・と。

画像のように普通のワッシャーが、普通に挟まれて固定。

ナットの側面と「ブルーのマジック」で一線引かれているだけ。



⑤左が装着されてた普通のワッシャーで右が新品のスプライン用ロックワッシャー。

新品の在庫が有るし、毎度の事だし・・・で、ボクは使用したい。



⑥この方が固定方法としての安心感がありますね。

一度交換しているFスプロケですが、前交換者の作業ミスとして認識。

ヘタしたら命に係わる事故にまで発展する可能性のある事例ですので

タイミングよく対策出来たことに感謝です。

心置きなく、サーキット走行を楽しんで下さい。


「今だからやれる事を」

なんて後悔に満ちているセリフでございましょうか・・・。

自己暗示によって生きる糧をむりくり押し込めている連中には

到底、到達できない思想の境地には

穏やかな「欲求」しかないのでございます。


ハヤブーからの乗り換えなゲルズ選手です。

対極にある「最速」の称号。

体感の出来るウチに味わう事が正論なのよね。

乗らない理由なんてのは「恥ずかしいね、その自己紹介」。

グッドタイミングなバイクライフは良きファミリーのお陰なりね。

ゲルズバーのマスター、シゲル選手のハヤブーメンテ。

オイルとエレメントの交換でございます。

実走にて日帰りスルー作業の予定でしたが

想定外の始動困難にて、引取り作業と相成りました。



①色んな走行会に参加して、サーキット走行を満喫しているペアです。

そろそろシーズンインに向けての準備開始でございます。



②久しぶりの始動では、BATの電圧がちと低くて始動困難です。。。

作業のついでに、充電を行って同時進行しましょう。

取り合えず、復活の兆しがあるので問題ないですね。



③アレでこうなって、メインヒューズが切れたのね・・・。



④で、予定していたオイル交換とエレメント交換。

使用中のエレメントはK&N製の17mmレンチで固定するヤツ。

コレ、今まで良い思いでが無いのよ、何故か・・・。

たいがいが、ナット部分がナメテテ外せない事が多いんですが

コレもそんな気配がしますねェ・・・。



⑤やっぱり、ナット部分がナメテテダメでした。

しかも、物凄く「チカライッパイ」締めてあるのよ・・・。

結局、オイルラインやら外して、本体を破壊しながら撤去しました。

エレメント単体としては、ワイヤリングの穴が付いていたりして

わりかし「よさそなメンテアイテム」なんですが

何故か、外れない事が多いので僕はキライです(ボクはね)。。。



⑥やはり「STDタイプ」が一番しっくりきますね。。。

確実性が一番です、なんでもね。


たまたま装着したヒトが「バカヂカラ」で締め込んだせいで

外す僕が「なんだ、コリャ」ってのがトラウマ。



それって「営業妨害じゃねーのかな・・・」って思ったりね。。。

だってボクはこの先、自ら進んで使用する事のない

「メンテアイテム」となっていますしね・・・。
99年式ハヤブー@ゲル選手。



年明け早々にモテギライセンス取得予定のゲル選手。

今年も数回のサーキット走行を経ている車体は

通常よりも突き詰めたメンテでリフレッシュしましょう。


っし、SDメンテ開始。←パクリ
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー