SD-ALTIS
[984] [983] [982] [981] [980] [979] [978] [977] [976] [975] [974]


FCR35とキャブヒートガード。

243d35f9.jpeg

取り外したFCR、裏側もばっちり汚れています。

各種O-リングとホース類は全交換します。

ジェット類の番手確認してから作業を進める訳ですが

低回転域のPSと追設置したASとのバランスがチトおかしい。

マニュアル通りじゃない、裏ワザなのかは判断しかねますが

きっちりしてりゃいいんで、どちらにしても再調整しましょう。

4cbe3551.jpeg

キャブのパーコレーション防止だなんとかいって一時期ブレイクした

「一発屋」的アイテムでございますが、効果がゼロって事でもないんです。

でも、なくても大丈夫なので、外してキャブ廻りをすっきりさせたいと思います。

f862134d.jpeg

「吸気に異物の混入を防ぐ為の巻き込み防止装置」風カバーだと思いますが

コレ外して、未装着なオイルキャッチタンクを実用的に配置します。

案外、スペースは確保出来るフレームなんですが、配線が多い・・・。

使ってない配線(インジェクション関係)の間引きもすこーし考慮して、と。

967e9b82.jpeg

アクセルワイヤーのキャブ側タイコ角度が宜しくないので

ワイヤー自体がキンクしちゃいまして、ちょい切れそうです。

戻し側なので、あまり気にしなくても・・・っちゅートコでもありますが

安全を期する為にも、交換でございます。

bb042200.jpeg

タンク内、コーティングしてあるのにサビ発生なのね・・・。

キャップのフチもサビていますが、タンク内コートの時のついでで

同時作業で「チョイチョイ」と筆で塗ってくれれば防げるのにね・・・。

508d1a04.jpeg

今ほど選択できる製品が無い時代の、コーティングはホボコレでしたからね・・・。

サビ取不足なのか、コート不足なのかは判断できませんが

サビ再発の事例が多いのも事実なんですね・・・。

同じコーティング剤を再塗布して、再発したサビを閉じ込める方法って

通じるのかしらねぇ・・・。

「既存コーティング剤と新規コーティング剤の密着性に対する実験が必要」って事。

なんか、面白そうですのでやってみよーっと。。。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
暑い所お疲れ様です

先程は…ちょっと残念でした
また今度誘って下さい
#75 2011/07/04(Mon)12:57:16 編集
Re:#75選手
今週は車検強化週間なのでまた連絡するよ。
sda 2011/07/04(Mon)23:14:08 編集
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー