SD-ALTIS
[923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914] [913]
CBR1000RRラジエーター加工の続きでございます。

色の剥離作業が完全では無いですが

加工場所の処理さえキチンと出来ていれば

ボク的にはオッケイです。。。

残りの脱色はリョースケ選手にまかせっぺ。。。



①シャクレさせる為にカット。

角度も調整してなるべく隙間の無い様にチリ合わせします。



②キャップも右上に装着する為に

車種不明だけどアルミ製のキャップベースを

不動車牧場から調達。

内よりな角度で装着しておけば

いざっちゅー時の転倒破損は若干防げるかも・・・。



③取付ステーは採寸ド忘れなので、チト大きめ。

邪魔だったら勝手に削って下さって結構です、はい。



④パイプの取り出し位置は全部新規製作なのね。

対した圧力掛からないからエポキシ接着でも大丈夫だけど

ソコはやっぱり「ビガ~ブブッ~」てTIG溶接。

でも、ラジエーターボディはゴク薄なんで溶接メンドクセーのよ。。。



⑤で、チョーメンドクサイ作業だらけのラジエーター加工終了。

でも、バッチリならば気持ちいいじゃない。

手間隙が「走行性能」と「所有力」を底上げするから

全力でメンドクセー事に取組むのよね・・・。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー