SD-ALTIS
[906] [905] [904] [903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896]


①後付けフローティング機構による不具合としてたまに見かける

プレートとローターボルトとの干渉。

これ、ロッドの不備だったり、サポートのベアリング不備だったり・・・。

ガタ付いてる可動部分を見直して危険性を排除します。



②片側からキッチリ圧入されてるニードルベアリング。

「交換しづらい設計に意味あんの?」ってね・・・。

このベアリングのガタが、悪影響を及ぼしますので注意です。

ロッドも邪魔な位置からナナメに引っ張って有るしスマートじゃない。

よって、リジット式に変更します。



③使用しているのはブレンボのキャリパー。

ピストンの出幅、左右で0.5mm程度違います。

気持ちよくないので、この際誤差修正します。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー