SD-ALTIS
[816] [815] [814] [813] [812] [811] [810] [809] [808] [807] [806]
遅くなりましたが新商品紹介でございます。

今回、外装制作に課したテーマは「ロリータ」です。

「そこんところ意識したらこうなった」仕様でございます。

シルエットには好みが有りますので、決して正解とは云えませんが

「フツーの純正形状をモロパクしてもツマラン」と・・・。

ド純正形状タイプは他の外装屋サンにおまかせして

僕はいつもの如く好き勝手に制作しました・・・。



①金尾選手のZ1000レーサーをドナーとして拝借でございます。

本格的な量産体制は2月初旬を目処に現在最終調整中です。

対応年式は'03~'06までのA型シリーズ。



②お馴染みスプリンターシリーズとして新規ラインナップです。

タンクカバー形状は僕の独断でデザイン変更しました。

高さを抑えてトンガーな上面を若干フラットに。

サイドの膨らみをエンジン幅と同等までシェイプしてスッキリと。



③タンクカバーを小柄にリシェイプしたおかげで

インナータンク制作における内容量的規制が程々に発生してしまい

容量確保の為、数度の再調整作業を余儀なく行うハメになりましたが

これをもって暫定形状完成とし、量産への治具制作となります。

ただ、後々形状変更はあるかも(画像のインナータンクがマスター)です。

で、取付方法なんですが、一箇所ステーの新規設置が必要となります。

それだけはご了承頂きたい、と(ステーは付属します)。

調度良い「ナニか」が全然ないフレームでして、仕方がないんですよ・・・。

その「ステー」を設置しても純正タンクの装着は出来ますので

あまり「不便」では無いと思います。



④シングルシートも「短くて細く」制作しました。

取り付けにはシートレール後端部分のカットが必要です・・・。

毎度の事ですが「やっぱり・・・」な条件でございます。。。

で、取付のステーとシートベースは付属します。

 
あと、フロントフェンダーとアンダーカウルとビキニカウルでコンプリート。

きちんとした製品画像も後々充実させますので、完成次第報告いたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
タンクを好き勝手に製作って、馴染みの無い表現です。
HOT 2010/12/28(Tue)23:05:29 編集
Re:HOT選手
馴染みの有る表現は「商売特集」なのです。

つまり、誰でも出来る事しか理解できないし

ソレを発信も出来ないのです。

そうじゃないと「商売にならないのね」。

Realization
Imagination
Prodaction

でしょう。。。


sda 2010/12/29(Wed)02:55:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー