SD-ALTIS
[742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732]
10月1日のエビス走行会へ向けて車両の整備。

画像のN型は今年のボクの持ち出し車両です。

2年弱の保管にて、多少の整備で機関の現状復帰を目論みましたが

あえなく玉砕、レストア的内容にまで発展しています・・・。

どうせなら・・・と、夜なべしてリセット作業の開始となりました。



①別にココまでばらして整備するつもりは無かったんですが

マフラーを「ハラショー・フルエキ」にするつもりで

装着済みだったヨシムラ製チタンサイクロンを外していたら

スタッドが折れたのね・・・。



②2番と3番のエキパイボルト3本が残ってしまいました。

緩めた時点で「ムニッ」と切れた感触と、目検証では

ボルトが「ナナメッテル」っちゅー低レベルのお話でございます・・・。

若干ねじ山が残ってるので、二通りの対策思案を。


まず、その壱「車載のまま、手軽に外部からうまく抜こう」。

それと、その弐「確実性を優先する為にヘッドを外して処理」。


人間は弱い生き物です。。。

困難な作業はキライです。

だから「作戦その壱」開始です・・・。



③作業スペースの確保の為、オイルクーラーとフロント周りを外して

残ってるボルトにM8ナットを溶接して取外し作戦です。

溶接の熱もうまく利用して熱膨張も味方に出来るこの作戦は

過去、固着ネジトラブル回収率100%を誇る「王道」でございます。

「さぁ、カモン」と、ソケットグリン・・・。



④ナットとボルトの溶接部分だけがチョチョ切れて

ボルト自体はピクリともしないじゃない・・・。

この作業を二回繰り返したら、ボルトの飛び出し部分が

ほぼ、無くなってしまいました・・・。



手強い「ナナメッテル固着ネジ」には「作戦その弐」を用いて

確実な作業を行いましょう、と・・・。

横着はいけませんね・・・。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー