SD-ALTIS
[77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67]
Z1に取り付けていた純正内プレスタンクです。

古い物ですのでレストア対象でゴザイマス。。。

ただ普通にレストアしたのでは他所と変わらないので

ウチらしく行きたいと思います。

現状確認として

・右側に若干のへこみとエンブレム周辺に歪みが有ります。
・純正燃料キャップの装着不可で周辺部分の変形。
・内部コートされていますが、やっつけ作業チックです。
・プレス部分(前部)より若干の巣穴が有ります。
・切開して中見なくちゃ始まんネー要素タップリ。

まぁ、年式相当にコギタナイっちゅー所で開始です。



給油口が当初より破損してるので対策考慮。

このシリーズは、出来の悪いリペアキャップを使用したり

取付不備での使用状況によっては

ヒンジが変形したりしますのでご注意。

このタンクも例外無く、ピン穴はガバガバだし

キャッチロックの干渉でグズグズだし

ヒンジステーは曲がって亀裂入ってるし・・・で

修正不能って事で別対処でゴザイマス・・・。

・ニュートン製エアプレーンを使用。

ベース部分の加工制作に先立ち、Φ100の穴開けます。

大きくなった穴からタンク内を目視すると

グズグズなクリーム状のコーティング処理が・・・。

早くも、ずぼらな処理が期待できます。

ワクワクします、ダメ出しポインツ発見で。



じーっと中見ててもしゃー無いので、早速切開開始。

まず、プレス部分を外周全部削ります。

リブ長2mm位まで追い込んじゃいます。

この作業から所々に開通場所が確認できます。

プレス部分の確認で、この位置を目安に分離作業に突入します。


プレス部分のリブ削りはその昔

よくやったカスタム?でもあります。

切開目的以外には

リブを削り落としてからTIGで再溶接する事による

巣穴予備軍も含めてのトラブル回避でピリッと合体。

一回り小さく見えるかも?視覚的効果過少。

考察②へ続く。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
#z1のサイト集情報
z1のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。
URL 2008/02/22(Fri)15:10:35
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー