SD-ALTIS
[697] [696] [695] [694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687]
修正と是正にて地味に復活したZ1100R君ですが

走行性能は派手に変わりまして、元気イッパイでございます。

なんでもかんでも「社外部品」に交換しなくたって

純正部品もキチンと組めば不具合は無いはずです。

「見た目的」物欲も良いですが、まずは現状維持も有りですからね。。。

そんな1100R君ですが、元気な反面、未対策の場所にちょい不具合が出てきます。



まずは、良くあるミッションカバーからオイル漏れでございます。

ココは直していなかった場所。

面倒な修理じゃないのでシール類の交換でオッケイ。

ただーし、シャフトカラーが固着していましてびくともしません。。。

なので、ココでもバキュームさんが大活躍。。。



油圧仕様に変更されてるクラッチレリーズですが

プレートは車両購入前の製作ショップお手製っぽい物・・・。

お世辞にも「良い物」じゃあ、ないですが

「交換しなくちゃイケナイ物」ってほどじゃあない・・・。

でも、やっぱり不具合が発生ね・・・。

先の修正・是正大会にて、きちんと組んでしまった所

クラッチを「ビミョーに押し気味」な位置関係だった事が判明。

レリーズの収まりも悪くて、これはプレート固定部分の沈め数値が適当なせい。

アルマイト処理後に発見したので、色ごと削るはめになりました・・・

レリーズ固定部分もヘリサート処理にてきっちり固定。

今回は、クラッチの微妙な調整とオイルシール交換でまたまたバッチリです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー