SD-ALTIS
[602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592]


ST600参戦の#53片平リョースケ選手。

若干21歳、期待の若手ホープが本格始動でございます。

今大会、予選は2位でしたが、決勝へ向けての切り札として

「鈴王」ステッカーをカウルサイドに装備。

決勝スタート後、見事なホールショットで一度もトップを譲らずチェッカー。

鈴王ステッカーが威力効果したのかは定かではないですけどね・・・。

見据えている目線とモチベーションの高さが、が功を奏した結果と言えるでしょう。

今後のビジョンを含めて、動向を注目しているライダーでございます。

オメデトウ、リョースケ選手。

ウチのムスメと名前がカブッテルのもいい意味で親目線・・・。



②でもって、若い衆が優勝してしまってはコチラも勝つしかない

っちゅー感じの#705クロッピー選手はマイスター参戦。

グリッド上にてしばし歓談中でございます。

今回、JSBとマイスターとチャレンジとで混走なので

周りのバイクはゼンブ1000cc、#705号車はZX-6R。

600ccのエントリー台数は3台でございます。

レジスタンス?な匂いがプンプンしますがはてさて・・・。



③コチラにも鈴王ステッカーを勝手にペタリと。

まぁ、外装サポートのスポンサー的立場なワタクシですので

多少は好き勝手にやってもダレにも怒られませんのでね。。。

メインスポンサーの松本センセーにはお伺い立てますけどね、多少は・・・。



では、関係者一同で記念撮影。



特に波乱も無く(そう見えた)マイスタークラスの優勝を飾った黒川選手。

今年の全日本を占う意味も含めて、好スタートなのではないでしょうかね。



今年の#705号車ZX-6Rでございます。

カワサキのライムグリーン。
松本クリニックのグリーン。
ガレージスピードのレッドとホワイト。

各特色ゼンブ足して、補修も考慮して、大人の事情で振り分けたら

こんな感じの塗り分けになりました、'10全日本仕様でございます。

ボクも有り余る経営余力や予算がある訳じゃ無いですが

微力ながら今年はお手伝いする予定です。

全日本ロードレース参戦#705黒川武彦選手
エリア選手権参戦(全日本スポット参戦)#53片平亮輔選手

応援宜しくお願い致します。

さて、来月早々の4月4日には全日本開催です。

当日にはテイストマシンのデモラン(大袈裟よね、なにかさ・・・)

があるので、この機会に観戦合間見えてはどうでしょう?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー