SD-ALTIS
[487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [479] [478] [477] [476]
ベアリング交換後、フォークアクスル部へ組込みする時に、ふと

付属していたアクスルシャフト眺めて、違和感有りまして・・・。

外す時にも「このアクスル、何かチンチクリンですな」と思ってたので

仮付けしてみて下から、確認してみましょう、と。


まず、R側。

元々が不明な加工されてるシャフト。



次に、L側・・・。ん?なんかヘンですね・・・。



はい、インチキカラー発見、幅が足りていません。



しかも、外形寸法もアクスル径と合っていないので、収まりも悪いですし

幅も合っていないのが原因で、アクスルナットを締めこんでいくと

フォーククランプ部分がつぶれて変形しています・・・。



そんな適当部品の対応策として

「切れ目入れて、無理やり締め込めば、なんとかなるんじゃね?」っちゅー

意図的な適当さ加減が見え隠れし、久しぶりにチャンプ級の荒業でございます。

切れ目がナナメッテルのも、薄らおかしくもあったりね・・・。



そもそも、J系の場合にはダイマグとカヤバφ38フォークの組合せに対して

純正アクスルで対応出来るはずなんです(LTDは除きますけど)。

確か、φ15シャフト箱に1000R用のスペアアクスルが合ったはずなので

取り替えておきましょうかね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー