SD-ALTIS
[484] [483] [482] [481] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473]
御馴染み、「S1タイプ・スイングアーム」です。

確認がてら、折角なので補修・追加工を施そうと思っています。

アクスル関係はベアリング交換と新規カラー制作による誤差調整。

外観上、傷付いている所の補修とリペイント。

キャッチタンク取出し口の変更。

トルクロッド受け側の形状・位置変更。
(この部分がダメダメだった為に、サポートの再調整が必須となったのね)



ボクにはドコ製だかの判断は出来ませんが

お好きな方達は形状判断出来るのでしょうね・・・。

(マニアな方、ドコ製なのかコッソリ教えて下さるとありがたいッス。)


何気にドレン抜いたら大変な事になってしまい、身を任せてみました。



溜まってたらしく「ドックドク」してました。

その開放感、共鳴できる次第でございます。


ピボットベアリングは、ニードルベアリング左右二基仕様なので

ごく一般的な製法ともいえます(GSF系やカタナと同じ規格ベアリング)。

通常使用において不安な強度不足は感じませんが、決してベストでは無いです。

左右方向にクリアランスを設ける事での、スイング可動設定ですので

ネジレながらのスイング荷重によっては、ベアリングダメージが早いかな?と。

まぁ、そんなのもストリートでの通常使用において、注した影響はないですけれど

新車時組立の可動部グリスが少ないっちゅー理由で打根したり、シブクなったりね。

そんな事踏まえつつ、「キチンとした車体」へまた一歩進行しそうです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー