SD-ALTIS
[411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401]
最近は、鍛造製法がアタリマエでございますが

まだまだ鋳造製品も捨てたモンじゃあゴザイマセン。

ただ、何故か鋳造品にはこんな塗装面が多いですね。

亀裂ではなくちじみなのでリフティングの類でしょう。

素材に対する下地処理と上塗り塗料との相性が原因とされる症状です。

マグに関しての情報にはあまり詳しくないので憶測ですけどね・・・。



今回のマルケは状態が非常に良いのですが、塗面はご覧の通りです。

でも、部分的な症状だったりしますので、ペイント前の下地調整としては

全体的にブラスト処理をするのではなく、サンディングにて下地調整します。

メーカー製の下地処理を無理に剥して下地からペイントを行う事が

必ずしも最良では無いと思うので状況に応じて、っちゅー事です。



キャリア類は細かいのでサンディングではなくブラスト処理にて。

ホイルとのはめ込み部分やディスク取付部分などはマスキングします。



キャリアボルトは頭が薄いので要注意。

ネジロックされている上に工具受けが悪いのでヤな感じです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー