SD-ALTIS
[361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351]
インテーク側の数本はステムシールからのオイル下がりが見受けられます。

それに引き換え、エキゾースト側はいたって普通でございます。

こんな状態の油令ヘッドが普通の状態と認識していますが

もう少し、良い状態を望むので少しだけ手間を掛けて見ます。

今回、ピストン交換ついでに行う作業はバルブ周辺の加工です。

これまた、いたって普通な内容ですので、ネタ的に苦しいです・・・。



外した純正のバルブを小奇麗にしてみます。

効率が良くなる事を祈ってみますが、単なる鏡面仕上げにて。



個人的には同じ作業を繰り返す事が大嫌いなので

3本程、カーボン落としをしただけでございますが

早くも面倒くさくなってます。

この先の作業モチベーションは、地味に微妙です。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー