SD-ALTIS
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]
1100Sカタナに流用している1200SSのR廻りに適用。

もともと、イナズーやSSのチェーンスライド部分の仕組みが

整備性を無視した設計だと常々思っていた訳でして

このパーツを装着して整備性の向上が図れるスンポウです。


装着準備の為、ベアリングを外して確認すると

『カタナに流用する時に新品に交換した』

と聞いておりましたが単なるグリスアップでしたね。

しかも、モリブデングリスと工業グリスの使い分けには

何かしらの意味が有るのかと無駄な詮索をしてしまいました。

車両オーナーさんはこのベアリングを持って

作業明細書と照らし合わせ、事実確認をする為に

以前、加工した先の某カスタムショップへ伺いに行きました。

ウソはマズイよね、いつかバレルもの。



ずれていたチェーンラインも修正加工し直しました。

カタナノーマルフレームベースにリアタイヤのサイズアップを図る場合

安全パイは13mmオフセットのフロントスプロケ使用で

170/60-17までのリアタイヤが適任かと。

それ以上はチェーンラインの確保の為に

ピボット周辺のインライン加工が必然です。

まぁ、ノーマルフレームで180付ける裏業も有るけど、

直接的にICが必要なので無責任にカカナーイ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー