SD-ALTIS
[303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293]
GSF1200の中古車両を購入したついでに

ベアリング交換とKITの同時作業を行います。

なお、メーターギアは取付出来ない仕組みですので

別途、社外製品などで対応が必要です。


パッと見、可も無く不可も無く、といった感じです。



外して、ホイル内側に当たる状態を見てみるとグリスはこんな感じ。

純正は片側シールド型で、KITは非接触型の両側シールド型ベアリング。



ベアリングとカラーを圧入して完成。

 


脱着性と整備性を同時に向上・促進する部品です。

純正ホイルを使用中のオーナー方々にはオススメするパーツで御座います。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー