SD-ALTIS
[223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213]
カタナレーサープロジェクトをそろそろ報告していきます。

基本的に自腹でマシン製作を行う当プロジェクト。

レーサー制作の役割分担が、はっきりしてきた所で

ボクの担当はエンジン以外の全部・・・。

ライダーはクロッピー。

エンジンは中村EG研究所。

間違いの無い磐石な体勢でお届け出来れば幸いですが

何のデータも無い僕たちは、敢えて冒険交じりに進行します。



で、まずはリア周りから作業を行います。

ピボット・アクスル・リアサス上部と下部・EGマウントを

各点として座標処理し、位置・寸法を数値化して置きます。

そんなに重要では無いけど、基本数値の保管って感じで。





使用するスイングアームはN/Rのスカルプチャー

ピボット~アクスル間は純正と同等寸法でのスタート。

仕上前のプレーン状態で納品してもらってるので

取付加工は、これから位置関係を把握しながら行います。





基本的なアクスル寸法はXJR1200と同寸ですので

もってたリアホイル周辺を仮装着しての位置合わせ。





仮装着はこの辺。

ピボット位置を下げてみたい所ですが

何事も実験データっちゅー事で、まずは純正位置で。

ダメだったら変更すりゃ良いだけですので。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー