SD-ALTIS
[187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177]
ニンジャフレームへD型EG搭載する為に必要な作業としまして

キャブをダンドラ→TDMR・SPφ40を制作。→世界で一個なブツ納品。

タンク加工→純正タンクは使用しない→だってスプリンター。

なんだかんだで帳尻合わせたらこうなった↓。

 

インナータンクの形状確認や強度対策と

通常落下式によるガソリン供給確認が目的な試作初号型。

実戦テストはエビスサーキットのL&Pに決定。

10月31日にエビス入りしてキャブセットを兼ねた慣らし走行。

数度の確認による現況70%位の状態で晩餐へ。

アサヒビールの工場見学です。

明けて翌11月1日にセット90%位の仕上率にて。

本日が決勝日でしたが、ボクは事情により

昨晩の微妙な食事を後にして帰宅。

今回の珍道中はコチラで確認下さい。


現状報告として
・インナータンク容量9リットル(適正使用率90%)。
・自然落下式燃料供給装置不具合無感度良好。
・配線はレーシングワイヤー仕様。
・サーモスタット撤去でウォーターライン制作。
・その他、必要な都度加工はてんこ盛り。


初期段階としては相変わらずの合格です。

12月のテイストまでには更なる造り込みでご機嫌伺います。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー