SD-ALTIS
[1735] [1734] [1733] [1732] [1731] [1730] [1729] [1728] [1727] [1726] [1725]
ちょっと思う所有りましてバルタイ調整を。

今回の記事は9月30日のオハナシなので出来事が前後してます。






前回のTOT参戦時から採用カムは~’90R用ST1です。

エンジンは75系なのでカムチェーン・スプロケが違う。

でもまぁ、ST2カムはR用と75系で共通なので

「多分大丈夫じゃね?」っつー思いで採用。

そのままカム素組で参戦し、特に問題無い様な状態だったけど

電気系の別トラブルでリタイヤとなった結末・・・。

「取りあえずキチンと確認すっぺ」とMCFAJ参戦前にチェック。





エンジン車載状態なので計測が面倒だけど、現状の値をまず算出。

ある程度回数重ねて平均の値算出いたします。

その結果


「う~ん、そのバルタイでよく持ったねエンジン・・・」だって・・・。


色々と確認したけど組み方は間違っていない。

一応、制作元のヨシムラさんにも確認して見るけど

コレと云った解決策はバルタイ変更しか無いっつー事になります。

ヨシムラデータに程遠い数値なので、まずはソレに近づけましょう、と。

アジャスタブルカムスプロケなんか持ってないから

純正カムスプロケを長穴加工して仮組してバルタイ計測して~を

数度行って指定の適正値にようやく近づいた。


【元々、素組でもイケるけど、キチンと合わせた方が良いに決まってる」

そんな部品なのです。。。





ひとまず純正カムのバルタイを計測してみる事から始めます。

エンジンベース牧場からドナーを引っ張り出して計測。


STD値はマニュアルに記載されていますが目的は違うのよ。

「計測する方法」の確認なのですね。

自分の計測方法がマニュアル値と同じじゃなきゃダメ。

やり方が間違ってたら本末転倒なのでね。。。






平行して外装の作業も進行させます。

転倒して傷だらけだったから補修も兼ねてペイント一新します。

下地作業はアライノリオ選手に任せてボクは色塗るだけ。

作業分業で相乗効果を狙ってみる作戦ですってばね。。。


ペイントを変える理由は、単に飽きたから。

もう「単色でいいや」と。

「ウチの外装セットで小奇麗担当はダーマエ選手に任せておいて」

っちゅー軟弱な他力本願作戦事なのです。。。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー