SD-ALTIS
[1732] [1731] [1730] [1729] [1728] [1727] [1726] [1725] [1724] [1723] [1722]
足回りは概ね全般的に原点回帰出来ました。

吸気系も良し

電装系も良し



引き続き、車検対応整備に移りますが

クラッチがブニャンブニャンなのでフルード足してエア抜きでも、と。

しかし、スッカスカのまま。





いくらやっても手応えが無いのはこの亀裂のせいです。


仕方有りません、ホース交換ですね。


こうなってしまったのにはそれなりに理由が有ってですね

クラッチマスター交換してるせいでバンジョーの向きが変更されてた。

ムリ繰り90度ずらして有った為に想定外のストレスが掛かったのでしょう。


ついでにオペレーションもチェックしますかね。





若干ですが滲んでいる形跡有り、と。

これはオイルシール交換して対策します。

在庫有りでゴザイマス、はい。。。

クラッチプッシャー機能一新となりました。。。






ではオペレーションの分解でも。

ちなみに左が73系で、右は後期の75~系。

73系の方がピストンが大きいです。

それに伴い、部品の互換性は無いです。


肝心のタッチはさほど変わりません。

つーか、気付けるレベルじゃないです。





同じく、左が73系のスプロケカバーで

右が78のカバー。

73系は穴開いててカッコイイですね。

軽そうに見えますが、重量はほぼ同じです。

交換しても物理的な恩恵はゼロです。

ただし、主観的にはイケテルアイテムの一つなのです。。。

互換性有りますので、レーシーな感じを装うには宜しいかと。。。





記事にしてない内容も施工しておりますが簡素に報告です。


相変わらず後期のライトは検査に引っかかる。

次回はこのライトやめよう。

現場で余計な手間食うの割に合わないしね。


すったもんだで車検無事取得。

で、無事ツーリング名人。

これ大事。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー