SD-ALTIS
[1722] [1721] [1720] [1719] [1718] [1717] [1716] [1715] [1714] [1713] [1712]
久しぶりの更新になります。

サボりつつも色々と作業はしていますが

マル秘的オフレコ作業が多いのでネタに出来ない月間だったのね。


ひとまず、差支えない内容からご報告いたします。


某氏のニンジャレーサーでゴザイマス。

車両制作やメンテナンスは私じゃありませんが

私程度でも多少はヨコの繋がりも有りますので

得意な分野はお任せいただく事も有りますゆえに参考までに。





お馴染みのレーシングハーネス制作を行います。

「シンプルが一番」なのはウチのテーマなので今回もバッサリ行きます。

ネーミングの響きだけじゃ無い、「質実剛健」アイテムですから。




まずは現状でのハーネス、補器類などを確認しておきます。

まぁ、後々忘れてしまう事が多いので準備として必要ですね。





外した純正のメインハーネス。

劣化はそれなりだけど、外皮剥けばまだまだ綺麗です。

コレを元に再使用できる部分を吟味して再構築いたします。






配線テープをムキムキしてベタベタな糊残りを洗浄したドナー。

何が何だかよくワカンネーけど、生まれ変わるんだから大したもんだ。






軽く間引いた廃棄線の塊り。

重量的にはさほどじゃないけど邪魔と言えば邪魔な線。

信頼度とトラブルフリーが目的なので容赦ナイッス。

再構築する配線は車体に合わせて結線し直します。



で、次の準備として走行用の補器類。

「走れば良い」だけなので至ってシンプルチョイス。

使用する補器類は下記の通り。

・バッテリー 14サイズ(元から付いていた物を変更せず)
・スターターリレー(ZRX系の後期型に変更)
・ウオタニSPⅡ(点火システム)
・メインスイッチボックス(当初はヤマハ系、後にドゥカ製に変更)
・シフターキット(PICシフター代理店なのでおススメ)

今回もレーシーライクに是正いたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー