SD-ALTIS
[1457] [1456] [1455] [1454] [1453] [1452] [1451] [1450] [1449] [1448] [1447]

お馴染み、「SDA式便利グッズ制作シリーズ」。

スプリントレース対応の、「ショートチャージャー」完成です。




容量は10㍑、落下式のお手軽な仕様を目的にしてます。

肝心のチャージスピードは 1㍑/2秒と、ちと遅い・・・。

フルチャージ/約20秒必要なので、クイックチャージャーでは無いかな、と。

なので、「ショートチャージャー」なのです。。。


燃料キャップは、エアプレーン風ジャズセルキャップ。

キャップベースとセルキャップの当着性がゴム製なので

密着し過ぎて外れない場合が多いのがタマに傷な製品です。




で、純正のベント機能を使用途に合わせて加工します。

「燃料タンク用」としての使用時にはそれなりなブリード性を発揮しますが

それでも、要穴加工した方が良いと思える機能性能と思えます・・・。

過去採使用した時に、燃料が落下しない事とか有ったからさ・・・。

なので、今回は大径化して貫通式に変更する事にします。



Φ6のストレートホースニップル仕様にします。

これで、負圧を発生させないで、重力落下が可能となります。




で、コックの可動部分とキャップ当たりのラバー部分にグリスアップ。

通常のグリスだとガソリンに溶けるから、ダメです。

こういった場合に対する、専用グリス有るんですね。。。



肝心要の燃料差込口は、某製品の流用にて制作しています。

この部分がスライドする事で、燃料が排出される仕組み。

このスライド内部分には、二か所のO-リングが使用されています。

このリング自体、フッ素系の同等規格品に交換して耐久性を確保しつつ

グリスアップする事で、対摩耗性と作動性も確保しています。


こんなガソリンとの相性が良いグリスは「バリエルタ」ね。。。




ガソリンに溶解しないから、いつまでも可動部分はヌルヌル。

特にキャブのオーバーホールする場合には必須なアイテムなのです。

まぁ、それなりにお高いですが、内容知れば当然のアイテムと。


ちなみに、ヤフオク等ではそれなりの割高金額で小売されてるので

入手自体は簡単だけど、覚悟の上でお持ち下さい。


ちなみにボクは75gチューブを使用中です。

以前、1㎏缶を思い切って購入し、知り合いの業者と分けた残りが

ようやく昨年使い切ったので、今度からはチューブでいいや、と。。。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー