SD-ALTIS
[1448] [1447] [1446] [1445] [1444] [1443] [1442] [1441] [1440] [1439] [1438]

ひとまずシート下の電装だけ手を付ける理由として

配線のバラつきや、バッテリーケースの不備、補器類の設置が強引だったり・・・。

そんなゴチャゴチャしたヤッツケ作業を、スッキリさせるのがお得意なんです。。。




スチールアングルの土台にバッテリー直置きはダメです。

ネジもサビで固着して取れませんので、破壊して撤去致します。





キャブ交換時の必須製品として、オイルキャッチタンクの設置です。

900R対応チューブ仕様です。

画像では、ホースの固定方法をワイヤリング処理してます。

今まではタイラップを付属させていましたが

これからはサーキット走行のレギュレーションに合わせるパッケージにて。

街中しか走らない車両でも、念を入れた対策が望ましいかもね。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー