SD-ALTIS
[1403] [1402] [1401] [1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394] [1393]

使用するスタックはST700。

上級モデルらしい装備満載で、通常パルス以外にも情報が表示される。

しかし、入力信号が多い分その配線が下方に飛び出るので配線処理が厄介。

向きが固まってるから、コンパクトにならない。

その分のクリアランスを考慮して、まずは設計します。

ステーやパネルの位置関係を事細かく測定して見出した結果

メーターの上面位置は純正と同寸法なのは幸いでしたが

各部の干渉を考慮するとステー周辺に隙間が空きます。

「必要悪」とでも申しましょう、必然の位置関係・・・。


で、現車確認して頂いた結果、その隙間を少なくしたいと。

「ドコ」で良しとするかの落とし所はヒトそれぞれですので

出来る作業には対応いたしましょうと、対策開始です。





「じゃあ、カウルステーに穴開けてパネル自体を下げるしか無いね」と。

裏の補強リブを上手く利用しつつ、ライトの固定グロメットを迂回しつつ

配線の向きを考慮しつつ、現物合わせにて穴あけて見ました。




これが思いのほかいい感じでして、収まり宜しいです、はい。

メーター上面がかなり下がりましたが、総じて違和感はないです。

ただ、下げた分配線周りや、インナーカバーとのクリアランスが

犠牲になってるので、脱着が少し面倒になってしまったのが

デメリットですが、そんなにいつも分解する所じゃないので

あくまでも優先事項を尊重した結果でございます。




通常タイプよりも複雑なステー制作やら周辺パーツの増加が有りますので

「SB対応スタックパネル」としては定価予定¥31500-となります。

取付やら配線加工は都度相談となります。

ご参考までに。。。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー