SD-ALTIS
[1306] [1305] [1304] [1303] [1302] [1301] [1300] [1299] [1298] [1297] [1296]


ミッション編、ドリブン側の分解チェックから。


3fd21118.jpeg

オイルパンに有ったカケラの正体は、トップギアのドッグ欠け。

この場合、セカンドギアとの絡みで欠けたと推測します。


fa4e3dbc.jpeg

そのセカンドドリブンギア。

当たりがきついですね、ヌケヌケでございます。


9831a419.jpeg

まぁ、諸々と交換するのは、ドリブンギアでは4枚、ファースト以外全部。

セカンドギアはドッグ摩耗で交換

サードギアはギア面にカジリ対策交換

フォースギアはシフトフォークとの当たり交換

トップギアはドッグ欠け交換

8aa98140.jpeg

ドライブシャフトのセカンドギアとの当たり面も荒れています。

これも新品に交換です。


次に、カウンターシャフト側の分解です。

2844ee40.jpeg


このサークリップ外すのメンドクサイ。

手が油でヌルヌル山だから、余計にイラつくのね・・・。


76705127.jpeg

セカンドギアはカジリ対策で交換

f117fba1.jpeg


サードギアはシフトフォーク当たり面の対策で交換

フォースギアは単なる対策交換

今回、ギアが7枚でシャフト1本交換、ミッション関係の部品代が¥60000弱で

全体的なオーバーホールに必要なガスケットセットとして、¥30000弱。

最低限の部品代で¥90000位ですかね・・・。

工賃に関しては、STD状態じゃないので、工数の限りじゃあございませんが

概ね、メーカー標準工数で計算されてよろしいのではないかな、と。

各種調整時間も含めて10時間以上は必要だと思います。


05afaf59.jpeg

まぁ、腰下が組み上がればエンジンスタンドに移動して

一気に組み上げていきます。

ee43dfd3.jpeg

無事完成、後は車体に積んでしまえばオッケイ。

調子よければいいですけど・・・。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー