SD-ALTIS
[1278] [1277] [1276] [1275] [1274] [1273] [1272] [1271] [1270] [1268] [1267]


新規製作のハーネス。

「最新システム対応型」っちゅーたら言い過ぎですが

信頼性の増している補器類使用前提でございます。。。

デメリットはボルトオン対策ハーネス扱いじゃなくて

「車両持込みだけにしか対応しません」って事でしょうかね。。。

それでも、GS1000のハーネス復活作業としては最適なアップグレードです。



仮納車したまでは良かったんですが、充電系のトラブル発生で再入庫・・・。

症状は、「走行中に、ストンと止まる」と。

リフェ系バッテリー全般に見受けられる、電圧降下の特徴ですかね・・・。

いきなり電気系が沈黙します・・・。

MFバッテリーだと、なんとなくダラダラしてくるので

「あれ?電圧下がってきたな・・・」と認識出来るんですけどね・・・。


でも、レース車両の場合なら発電システム撤去なので、理解出来ますが

今回はストリート車両なので、発電系統は残して有ります。

レギュレーターもテストして問題無い事が判明していますので

この場合はジェネレーターのトラブルと断定できます。


02461c7a.jpeg

まずは断線チェックから始めます。

どのバイクでもまずは、カプラのギボシカシメ部分を疑って下さい。

古いバイクなので、経年劣化は当然あります。

通電不良で対策出来るのであれば、非常にラッキーではないでしょうかね。。。


まぁ、今回はジェネレーター交換で対策するしかない状態です・・・。

こういった発電系のトラブルシューティング用に、メインハーネスラインとは別に

専用発電系ハーネスを準備して、調べぬきます。

レギュレーターも数種類用意して、くまなく通電させます。

そんでも、電圧が12ボルト台なら電気発生していませんから、アウトです・・・。


どっちだろ、ステーターなのかローターなのか・・・。



ジェネ、一度外している形跡がありますね、ネジ頭が痛んでいる・・・。

なんか変な色・・・。


見解はまた後で。。。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー